DIASOUL i の試聴会

 三菱電機に在籍されていた寺本浩平さんが、退職後に興された株式会社DIASOULというオーディオ・ブランドの第一作目のスピーカーとなる「DIASOUL 」を、九段下にある三菱グループのショールームにお伺いして聴かせていただきました。

株式会社DIASOUL

CESでの評価
 手作りアンプの会のKさんに紹介されるまで、このブランドの存在ついて全く知りませんでした。既にアメリカのCESで「Best Sound Show」を獲得した評価に加え、ユニークなスピーカーの外観でもあり、大いに期待して試聴させていただきました。

CESコンシューマー・エレクトロニクス・ショー (Consumer Electronics Show, CES)

スピーカーの外観
 寺本さんが開発された DIASOUL は、以下の写真の様な外観で、一寸見プラネタリウムの投映機の様な形で、かなりのインパクトがあって、ダイナソー(Dinosaur)に見えなくも無いです。
DSC00262.jpg

構造
 このスピーカーシステムのクロスオーバー遮蔽特性をお伺いしたところ、ウーファーからミッドバス間は80Hz、ウーファーの口径が25cmで同じモデルを対向結合されておりウーファーは、300WのICEpowerデジタルアンプでドライブされている様です。
 キャビネットは異形密閉でDSPでバスブーストが行われていおり、その内部はドライバー毎に分かれている(独立空気室、デュアル・キャビネット)との事です。
 そのオプティマイズはキャビネットの背後にあるUSBポートからパソコンで行います。
 ミッドは16cmのカーボンケブラー・ダイアフラムで十数リットル異形キャビネットに収められて、ドライバー背後には、1.6kgのデッドマスを背負い込んで、バスケットの振動軽減を実現しています。

遮蔽特性
 ミッドとハイはパッシブネットワークで、12dB/Oct.近似バターワース(Butterworth filter)で周波数分割と周波数特性のイコライズをしているとのことですが、遮蔽の周波数については、最後まで語られませんでした。

トゥーイータ
 トゥーイータは三菱グループが開発した、炭化ホウ素 (B4C)の結晶・ボロン(原子番号:5、原子量:10.81、元素記号:B)のダイアフラムを用いた36mmφで、球体にダイアモンド状に四個配置した独特の形で、ほぼミッドバスの口径に合わせて配置されていることが、高域のエネルギーが一点集中することなく、ミッドと一体感をもって再生されている様に思えます。これを寺本さんは「パワード球面波」と説明されていました。
DSC00260.jpg

競合商品
 このスピーカーシステムの外観が極めてユニークであることが、デザインに拘る購買層であるオーディオファイルの好みが分かれるところだと思います。
 アバンギャルド、B&Wノーチラス、ランシェ、又、レガシーなJBLエベレスト、TAD、アバロン等、なみいる銘スピーカーと、音質面、デザイン面、先進性で競合する事が想像できます。

肝心な音
 スピード感のある音です、特に低音はバスレフ等の共鳴を応用していないので、素直です。
 中高音は、力があり聴きやすく、高音のトゥーイータは、粘度の低い磁性流体を使っており低ノイズ・低歪で静かです。
 磁性流体を使っている事と、間隔が狭いもののトゥーイータを横に並べていることが、このシステムの音を決定付けている要因の一つと思われます。
 音の特徴は音場感より音像感にベクトルが合っており、スタジオ・モニター的な音でも無く聴きやすいです。
 又、クラシックよりジャズに向いている様に感じました。
 
 磁性流体:1960年代にNASAでPapellにより宇宙服の可動部のシール材や無重力環境での物体の位置決めに使用するなどの目的で研究・開発された。 磁性流体はここ

 素晴らしい音を聴いていると時間の経過が解りません、気がついたら二時間が過ぎていました。

コメントの投稿

非公開コメント