アムクロンD-45の改善 その1

 最近アムクロンD-45のIOCランプが、片チャネルのみ頻繁に点灯して歪っぽく不調な為に解体して点検したところ、半田にクラックがある事が判明しました。
 IOCランプは、入力に対して出力が0.05%以上の歪率になると点灯するものです。そこで、この暑い真夏にエアコンを効かせて、半田の補修を行いました。
DSC00053.jpg
 
 解体のついでに、中国製と思しき電解コンデンサーをOSコンにして、又、カップリングのバイポーラ電解コンデンサーをフイルムコンに換装しました。
DSC00056.jpg
 換装した電解コンデンサーとダイオード・ブリッジです。容量計で測定したら、表記の50%程度しか容量が有りませんでした。又、右の二つはリード線の根元から電解液が漏れた形跡が有りました。

 乗りかかった船の勢いで、電源の整流ダイオードブリッジを、ショットキーバリアダイオード(新電元製D20XBS6 60V/20A)に換装しました。
DSC00059.jpg
オリジナルの配線より幾分綺麗になりました。

 事前にクラウンD-45(D-75)のサービスマニュアル(回路図、部品表)を入手していたので、一時間程で呆気なく終わりました。
 CROWN D75/D-45の回路図
 
肝心な音
 歪の件は完治しましたが、コンデンサーの換装により、音が変りました。
 良化したのか、悪化したのか解りませんが、高音の抜けが良くなった事は確かです。しかし、オリジナルの音と比べて、やや高域方向にエネルギー感がシフトされて、バランスが悪化した模様です。特性の悪い受動部品でバランス良くバイアス等が調整されていて、それの一部のみ良化すると、著しくアンバランスが生ずる様です。
 しかし、連続で聴いていると、「だんだんよくなる法華の太鼓」の如く、耳が慣れるのか、聴き易い音に変化してしてきます。

 生兵法は大怪我の元です、 やれやれ
 
 本日、猛暑の秋葉原を訪れて、バイポーラの電解コンデンサー(ニチコンMUSE・ES)を買い求めて、フィルムコンデンサーから元に戻しました。
 バランスが元に戻り、効き易い音に戻りました。
 又々、時間の無駄使いをしてしまいましたが、故障が直せたので、結果としては、プラスで良かったです。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 部品交換によるハイ上がりの音質変化はよくあるので、悩ましい所ですね。
 バランスをとって逆に低域の量感を出すのは物量になってしまう場合が多いので簡単には行かないかも。

 まあコンデンサは初期エージングで結構かわりますから、落ち着くまで少し待ちましょう。

Re: No title

 コメント有難うございます。

 トランジェントは良化しているのですが、低音が不足しています。
 オリジナルでは、バイポーラ電解コンデンサーの非リニアな特性を上手く生かしている様な気がします。
 大変なノウハウですね、参りました。
 一ヶ月程聴いて駄目でしたら、バイポーラの電解に戻す予定です。