無帰還アンプ作製 その1 カップリング・コンデンサーの工作

 カップリングコンデンサーとしてフイルムタイプが音響的に優れていますが、大きな容量で小型の物が存在しません。
 そこで、チップコンデンサーにリード線を付けて、クリスタル・レジンで保護と固定を行いました。それにより基板に半田付けした時に、コンデンサからリード線が、剥がれない工夫が出来ました。

DSC00038.jpg
© 2015 grigri

 コンデンサーは、ルビコン製の「薄膜高分子積層コンデンサ(PALCAP) 22μF16V」を用いて、高透明エポキシ樹脂で固めました。
 耐圧が16Vですが、使用個所をわきまえて、小信号の場所に使えばよい結果が得られると思います。

 薄膜高分子積層コンデンサについては、以下のサイトを参照して下さい。
 薄膜高分子積層コンデンサ“PMLCAP”の特徴と活用

  秋月での上代が200円で、22μFのフィルムコンデンサーとしては、極めて廉価です。

コメントの投稿

非公開コメント