3Wayから2Wayにチャレンジ その5 (測定)

ベリリウム・トゥーイータを投入して、2Wayと3Wayの試聴と測定を行いました。
Xoverjpg.jpg
2WayのWavelet Spectrogram
2Way_WR.jpg
クロスオーバー付近で問題が有り、滑からなテパー状のコーン型となっていません。

3WayWavelet Spectrogram
3Way_WR.jpg
3Wayの方が良くアライメントが取れていますが、中域の AccutonC50で2msから3msでリンギングが生じており、2ms、6ms、8msと複数回の鳴きが生じています。

 未だ浅い調整ですが測定結果からみると、2Wayと3Wayを比べると、3Wayの方が好ましい結果が得られました。しかし聴いた感じでは、2Wayの方が細かい音が聞えます。

2Wayの周波数特性
X2Way.jpg

クロスオーバーがー6dBで綺麗にクロスしていません。

3Wayの周波数特性
3Way.jpg

 想定ですが、中域(800Hz~3,500Hz)をカバーしている Accuton C50は、磁性流体(Ferrofluid)を用いている為に、音が鈍く繊細な音が出ません。それと比較して、2Wayのクロスオーバーとして未だ未成熟ですが、1,500Hz以上を磁性流体を用いないベリリウムが担当したため、繊細な音の再生が可能となったと思われます。又、2Wayの方が 1500Hz~7000Hz に渡り音圧が1dB程高いので、誤った評価になるので、調整後、再度評価を行う予定です。
 一寸聴いた感じでは、3Wayの音は大人しく滑らかですが、それに比べて、2Wayは少々荒削りながら、細かい音が良く聞えます。
 特に女性ボーカルの息使い、口を開けるときの唇の動きが良く解ります。
 もう少し、聞き込んで、2Wayの遮蔽特性と周波数を調整して、完成させたいと思います。
 磁性流体(Ferrofluid)を用いていない Accuton Cell C30-6-358であれば良いのですが、切がありません。
 今回は、磁性流体の有無での音の違いが良く解りました。又、磁性流体が無いモデルは、磁性流体が有るモデルより若干、高価である事も理解できました。
 磁性流体はコンシュマーにとって「百害有って一利無し」で、製造不良率(歩留まり)の改善と、見かけ上の特性良化が最大の目的ですので、これからは磁性流体無しを選択の基準とします。
 
 

コメントの投稿

非公開コメント