スピーカーの原価はいくら位ですか?

 メーカーに勤めていた友人に聴いた話ですが、5万円前後のミニコンポのドライバー(ユニット)単体の値段は、300円、高くて500円程度だそうです。
 又、スピーカーはアンプとかCDPと比べて、圧倒的に構成部品の数が少なく、白物家電、テレビ、アンプ等と比べて、保守サービス体制、保守部品の準備、一枚物のブローシャのみで取説が不要、一度音出しして鳴ったら保証なしで、手離れが良く、美味しい業種との事です。
 又、大手メーカからのOEMが殆どで、オリジナルがその商品と解らないようにアレンジして、スピーカー単体として流通させると、大手メーカに収める売値の10倍以上の高値で流通させことが出来る様です。

 確かに、以下の写真の様に、バスケットが同じでも、振動版を差別化することにより、20倍程度の価格差で流通させる事が可能な様です。
AUP-1.jpg

 独自のパーツ(バスケット、磁石、振動板、コイル、ボビン、スパイダー、サラウンド)を特注して、独自の音を作り上げるには、金型等の固定費が必要となり莫大な資金が必要です、その様な事が出来る企業は限られています。
 そこで、音に影響する度合いが少ないバスケット、磁石等のパーツから、スピーカー業界の汎用部品を使い、小ロットの利益を確保する構図なので、振動板以外が汎用部品になる場合が多いようです。

コメントの投稿

非公開コメント