東京五輪セーリング競技開催地として湘南港に決定

2020年東京五輪は江の島ヨットハーバーに決定と嬉しい知らせがありました。
 2015年6月8日、IOCは、東京五輪セーリング競技開催地を江の島に変更することを発表しました。
 セーリング競技は江東区若洲(夢の島埋立地)が選ばれていましたが、羽田空港が近く、又、TV中継ヘリコプターの飛行制限の問題から代替地が検討されてきました。
 そして、江の島(湘南港)で二度目のオリンピックを迎えられる事になりました。
 
三十年前の江ノ島ヨットハーバー(湘南港)です。
10590012.jpg
© 2015 grigri

 ところで、都心から江ノ島までどの様に移動するのでしょうか?
 車で、昼間最短で一時間半を要します、一時間を切るのは深夜に限り、更に条件が悪いと三時間は必要です。
 恐らくセーリング競技の選手村は、神奈川県立かながわ女性センター跡地(旧婦人会館)を使うのでしょう。では選手の移動は白バイ先導のバスで、役員VIPはオスプレーで婦人会館の中庭に着陸でしょうか・・・・これしか無いです。
 かながわ女性センターが今年3月末で閉鎖され、4月から県合同庁舎に場所を移して、かなテラス(かながわ男女共同参画センター)として再出発しました。この県有地(約2万2000平方㍍)については県総務局財産経営課は、「県で利用する計画はないし、藤沢市は購入する予定はないととの事、県としてどうするかを考えてはいるが、具体的な案は何もない」と公示しています。
 旧江ノ島ヨットハーバーと、この県有地で、新たな江ノ島ヨットハーバーがスタートする可能性が高いですね。
 kanagawa-1.jpg

在りし日のセーリングです(私はジブとメインスルの影で見えません)。
10600016.jpg
アビーム(wind-abeam)で優しいヒール(heel)です。

晩秋の江ノ島から葉山マリーナへ回航
10340009.jpg
© 2015 grigri

 10時方向に葉山マリーナがあります。
 そして、クローズドホールド(close-hauled)ですから、陸から海への風ですね。
 この様な風で、沈すると沖に流されます。
 船底を流れる泡沫の音と、サイドステーが風を切るサウンドスケープ(soundscape)が聞えそうです。 

 一年のうち、スキーシーズンを除いて、週末は江ノ島通いでした。

 

コメントの投稿

非公開コメント

懐かしき江ノ島

これを機会にセーリングの盛り上がりを期待したいですね。江ノ島のハーバーもリニューアルされるでしょうし。

grigriさんのティラーさばきが写真で見えないのが、ちょっと残念。

Re: 懐かしき江ノ島

コメント有難うございます。

 Aディンギーからスナイプ、505と変遷してレースを楽しみましたが、最近はブルーウォーターに成り下がり、友人のクルーザーでデイクルーズを楽しむのが体力の限界です。
 誘われても、油壺まで車で行く元気が無く、セールを洗ったり、船具の後始末が面倒で避けています。