第5回PARCサウンド鑑賞会 その4

 第5回 PARC サウンド鑑賞会の開催日まで残すところ一ヶ月です、出品予定作品を拝見しますと、凄くレベルが高いです。
 何方の作品も凄く凝っていて、私の様に普通の箱では、赤っ恥をかきそうです。
 パッシブネットワークも三次(18dB/OCT.)のバターワースのつもりですが、構えば構うほどラビリンスに入り抜け出せません。
 そこで代替策として、PCチャンデバを用いた調整を行いました。
 今まで廉価なAVアンプで手軽に調整していましたが、120Hz以下の低音の質が今ひとつですので、本格的なアナログアンプとオーディオインターフェースで試してみる事としました。
2015-04-27_15-43-56.jpg

 アンプは、クラウンのローエンドアンプのD45を二台とRMEのfirefaceで構成しました。折角業務用の機器なので、接続は頑張って平衡(バランス)接続です。

 音量の調整は、RMEのTotalMIXのデジタルボリュームを用います。
 RMEの内部処理とTotalMIXの音量調整は、長精度浮動小数点(46bit)でサウンドモジュールをレンダリングしてるので、小音量時の情報欠損が生じず良い結果が期待できます。
 アンプは、ラックマウントタイプで堅苦しいイメージなので、ラックマウントの耳(パネル)を外して、サイドバーをチークで作り、一寸お洒落しました。
 これを機会にISOタップで螺子山を切って、インチネジからISOネジ皿キャップボルトに替えました。
2015-04-27_15-45-00.jpg

 肝心の音は、AVアンプに比べて良い音になりました。

コメントの投稿

非公開コメント