O氏宅訪問

 友人のO氏宅に、4名で訪問させていただきました。
 O氏はアンプ、チャンネルデバイダーからスピーカーの殆どを、ご自分で設計して作製する、大変に高いスキルをお持ち方です。
 スピーカーは、超大型のホーン3Wayシステムから、サラウンド、3Dシステムがあり、これも総てご自分で製作されものです。
 特に驚く事は、極めて難しいロジック付きのサラウンドのエンコーダー、デコーダーをディスクリート部品で、ご自分で設計して、製作まで行われた事です。

DSC04143.jpg

 聴かせていただきましたメインスピーカーは、500リットルもある大型キャビネットで、JBL2215+LE85とフォステクスで構成されています。
 そのスピーカーから再生される音は、豊かな超低音が再生されて、市販のシステムでは得られない素晴らしい音です。
 他にも、OnkyoのミッドホーンとPARCの17cmを用いたシステム、PARCの8cmのPPコーンを用いた3Dシステム、トールボーイのサラウンドスピーカーがあり、それも、総て切り替えスイッチで再生できる仕組みに整えられています。
 どのシステムもバランスが良く、総て一捻りも二捻りも工夫され、個性豊かな素晴らしいシステムです。
 お邪魔する度に、新しい発見があり大変勉強になります。

O氏ホームページに詳細が記載されています。
URL:ホームページ

コメントの投稿

非公開コメント

お忙しい中有難う御座いました。

Oです。まだまだ至らないシステムですが、興味頂き、更に、お褒めも頂き、有難うございます。ご指摘もして頂いた500Lの中抜け等、課題対策は早速始めたいと思います。今後もご指導の程宜しくお願いします。

Re: お忙しい中有難う御座いました。

 流石の500Lの超低音は凄かったです、クラシックを聴くと良さが更に解ったと思います。
今度お邪魔する時は、クラシックを重点的に拝聴させて下さい。