2Wayスピーカーの作製 その1 ドライバー未定

478C5773.jpg
 タンノイのバスケット(フレーム)鳴きで苦労しましたので、今度は徹底的にこのフランジで、押さえ込む魂胆です。何と、このフランジは砲金製で、それに取り付けるスピーカーより重く豪華です。効果のほどは未知数ですが、過渡特性が良化する事により、明快な低音の再生ができることを期待しています。
 ドリームクリエーション製のDCU-131A(アルミコーン130mm)ですので高域(6500Hz付近)に鋭いブレークアップが有りますので、それを避けて2,500Hz付近で減衰特性が18dB/oct.のクロスオーバーとした2Wayスピーカーを作製する予定です。
 このフランジをカーステレオの範疇では、バッフル・リングと呼ばれているようです。

 フランジ、デッドマスをつけた状態でのインピーダンス特性です。
X131A.jpg

コメントの投稿

非公開コメント