アナログチャンデバの作製 その1

 今までにデジタルのチャンネル・デバイダー(DCX2496)を四台、他にも何台か改造と破壊を繰り返して、現在は、foobar2000でPCチャンデバ(チャンネル・デバイダー)で楽しんでいます。 素晴らしい音でもなく、ごく普通の音で満ち足りないのですが、パソコンとRME firefaceから距離を置き、レガシーなアナログ・チャンデバに浮気してみたくなりました。
 アナログのチャンデバの候補としては、ASHLY XR-1001を2台構成で3wayとするか、DBX 234Xを素直に使うか考えましたが、双方とも標準ラックで大きさが気に入らないのと、すでに多くの方が導入されているので却下しました。
 そこで自作の道を選択したのですが、方式については、ディスクリートで山根式を考えましたが、いずれ位相の問題が起こるで、オペアンプの多重帰還方式で作ることとして、あえて棘の道を選択しました。
 恐らく、最終的にもとの状態に落ち着くとおもいますが・・・

 そこで、気をとりなおして以下の様な回路で、3Wayのアナログ・チャンデバを作る事にしました。

回路図をクリックすると拡大されます
ZCO3-Three-Band-Phase-Linear-Crossover-Filter-schematic.jpg
シミュレーション結果
Xcroover.png

 クロスオーバー周波数の微調整は抵抗値の調整で行うので、ソケットを用意しました。
DSC04076.jpg

 現在、総て平衡で接続しているので、アナログこそ平衡入力として、出力をトランスで平衡とするか平衡のバッファーを入れるか、思案中です。
 当初オペアンプは標準的なTI製のOPA604として、オペアンプの換装による音の改善の余地を楽しみながら試験を行う予定です。
 アナログチャンデバで、デジタルチャンデバに近い結果が得られたら、家族から厄介物扱いされているジャンク・オーディオを処分して終活に専念できそうです。

 今回は部品の数が多くて、電子ボリューム作製時の比では無いですね!(電源は含まれません)
478C5759.jpg

 電子ボリュームについて

使用する部品
 抵抗はMIL-R-10509 MIL規格準拠(±1%誤差)の米DALE製のRN60D、RN-65で、コンデンサーは独WIMA製MMKとPMRです。
 ポットはALPS製で、電源トランスはタムラ製のハーメチック・シールドタイプを用意しました。
 オペアンプの入手は、RSコンポーネンツからバルク買いを行い、秋葉原のどのお店よりも廉価に入手できたと思います。
478C5763.jpg
 完成したら、三土会で皆様に聴いていただく予定です。

コメントの投稿

非公開コメント