タンノイの不思議なスピーカーで音出し その3(最終)

DSC04072.jpg

 タンノイ製スピーカーのデッドニングを行っているのですが、なかなか良い結果が得られません。
 
現時点で問題点
1.バスケットが、0.8mmの軟鉄板の打ち抜きで簡単に共振する。
2.ICT機構のトゥーイータのfsが840Hzで、この共振を押さえる手段が無い。
3.バスケットの鳴きの押さえが、ABS樹脂キャビネットの強固で複雑な
  構造物で成り立っている。
4.剣道の面の様な前面のグリルと、パンチングメタルが840Hzのフィルターを
  兼ねている。

断念した理由
 バスケットの共振については、シリコンで何とか押さえることができましたが、トゥーイータの共振のデッドニングには、磁性流体の塗布を考えましたが、別物になる恐れがあるので、断念しました。
 普通2wayのトゥーイータはfsを避けてクロスオーバーを設定して、共振を避けて使います。しかし、このICTの場合それがメカで出来ていて、その周波数を避けることが出来ません。これを避ける為には、トゥーイータに有るバネのサスペンションの強度を調整して、Qを下げる方法しか思いつきません。
 以下の様に840Hzのノッチフィルター(赤の曲線)も試しましたが、音が大幅に変わるので、断念しました。
Notch.jpg

今後について
 ICTという方法は、構造的な問題として、トゥーイータの共振(fs)を避けられない問題があります。早速、オリジナルのキャビネットに戻して、再度検討してみます。

X2015-01-29_21-27-00.jpg
  
 スピーカーをオリジナルのABS樹脂キャビネットに戻したら、まるで卵の黄身が白身に囲まれて安堵した様な感じです。
 黄身に手を掛けなくて良かった~

 アンプをデノンから、古いNaim製のアンプに変えると、ソノリティがよくなります、これは不思議です・・・何故でしょう?

コメントの投稿

非公開コメント