foobar2000の必殺技

 Room equalizerとして、AUDYSSEYのARC System2、S&KAudioのSSC-X R2等パソコンソフトで行う方法と、アナログディバイシス社のSHARCというDSPで実現しているDEQX、アキュフェーズのDG-58というシステムがあります。
 その総てが大同小異、基本的に同じ手法で、正弦波をスウィープして、それをマイクで測定して、部屋の音響とスピーカーの音圧を含めてクローズドループのフィルターを形成してフラットネス化を行う方法です。
 今回、紹介するMathAudio Room EQも同様のソフトで、SSC-X R2に一番近いソフトと言えます。又、このソフトは現時点では、フリーウェアです。
 操作性は単純明快で、今まで使用したソフトの中で操作性はベストと言える程良くてきています。

以下の画面は、部屋の音響を測定しているところです。
MathAudio.jpg
Lチャンネルにマイクを繋ぎ測定を行っています。 測定のゲインを緑のラインで表示しています。 L/Rチャンネルのバランスは自動補正が選択されています。

MathAudio Room EQの概要
 ・部屋の音響面での問題点を補正します。
 ・スピーカー単体の問題点を補正します。
 ・従前のFIRベースのルーム補正システムのプリエコー(プリリンギング)問題を
  回避できます。
 ・部屋の補正の有無をリアルタイムで、聞き比べることができます。
 ・部屋やホールの大きさに関係なく補正が可能です。
 ・周波数応答の振幅と位相の両方補正します。
 ・深いノッチの補正を避けることにより、過度な補正を回避して、周波数応答の
  共振ピークを押さえます。
 ・カスタムターゲットカーブの設定をマウスで指定する事が可能です。
 ・64ビットの信号に対応しています。
 ・廉価なUSB測定マイクで想定可能です。
    例えばデイトンオーディオUMM-6 EMM-6
 ・マイクキャリブレーションファイルの読み込みと補正をサポートしています。
 ・周波数応答補正は特許取得済みで、その方法を適用します。

MathAudio Room EQの詳細
 設定方法と使用方の詳細は、以下に詳しく説明があります。
 http://mathaudio.com/room-eq.htm

特に優れている点
 ・イコライズする場合、ピークを潰すが、ディップは補正しない。
 ・イコライズする高域の特性をBright(フラットで高域が伸びる)と
  Neutral(高域が下がる)の選択が可能
 ・補正カーブを自由に作る事が可能
 ・L/Rのバランスを自動で整えられる。

惜しい点
 ・補正の周波数帯域の指定が出来ない。
 ・Linuxベースで動作しない。

Room equalizerを弱めに補正を行った場合
L_MathAudio.jpg

Room equalizerを強めに補正を行った場合(フラットの部分が弱めに比べて多ですね)
H_MathAudio.jpg

Neutralを選択した場合、高域が下がります(マウスで修正可能)
N_MathAudio.jpg

特定の帯域の補正を外す方法(2,500Hz以上を補正から外す例です)
 以下の様にマウスで緑色の曲線を変更すると、L/Rの補正曲線が変化します。
 マウスでの変更をリセットする場合は、Referenceのボタン(Bright,Neutral何れ)をクリックします。
Partial.png

 Minnさん作成のチャンネルデバイダーソフトと、このルーム補正ソフトを使うと素晴らしいPCオーディオを構築することが出来ます。
 かつてない程の処理能力を手にしたPCだからこそ可能なPCオーディオの世界。カスタムIC、FPGAを用いたハードウェア製品が足元にも及ばない、64ビットプロセッシングによるfoobar2000とDSPを生かさない手は無いですね。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 中々面白そうですね。

 マルチで中低音のみ補正を掛ければ周波数特性範囲を指定できない欠点がカバーできるかも。

 今度試してみましょう。

Re: No title

コメントありがとうございます。

 そうですね、高域の補正は没個性になるので、避けたいですね。
 未だ長時間聴いていませんが、良いと思います。

Linuxで

情報ありがとうございます。とても興味深く拝見しました。
通常はLinux(Vine)を使っていますので、試しにWineを使って foobar2000 をインストールしましたらOKでした。次に ご紹介のMathAudio Room EQもインストールしましたら、こちらもOKでした。
foobar2000 は 動きましたが、MathAudio RoomEQ は画面が出て Mic Signal Indivaterが揺れているのを確認しただけです。
これから触ってみます。
なお、My Speaker もインストールできました。

取り急ぎ ご参考までにお知らせ致します。

Re: Linuxで

 foobar2000も色々と評価が分かれますが、簡易さと多機能な面で優れていると思います。
 MathAudio RoomEQも中々優れていて、これでフリーウェアーとは思えない出来の良さです。
 マイクのキャリブレーションデータも取り込めますので、是非、使いこなされると良いと思います。
 結果が出ましたら、お教え下さい。