linn majik vs Valhalla

2011-05-09_21-44-46.jpg

 LINN LP-12のvalhallaが不調で、LINGOにアップグレードを考えました。
 ところで、英国製のValhalla基板を改めて見ますと、日本とか米国の基板に比べると、心細く思えます。
 majikと同様に東京電力の発電機と同期する電源同期の基板を作りました。
 仕組みは簡単で、AC100Vを85Vに下げて、コンデンサー進相を行うだけです。
 この仕組みは、LP-12の初期モデルと同じで、電源がクリーンであれば、ベストの方法だと思います。
 更に良くするには、メインのコイルと、進相のコイルのバランスをポテンションメーターで調整すると、静かになる様です。
 
 この後は、33回転と45回転の切り替えが可能なHerculesⅡに移行します。

コメントの投稿

非公開コメント