Y氏宅訪問

DSC03706.jpg

 Yさん宅にお邪魔させていただきました。
 目白の閑静な住宅街で、徳川義親侯爵の徳川ビレッジの近くで、近くには目白庭園と赤鳥庵があります。
 Yさんのオーディオ・ルームは、木材で制振処理が施されており、ウェルフロートの導入等、徹底的にアコースティック・コントロールが行われています。
 システムの構成として、Scan Speakのベリリュームツィータ D3004/66400、ミッドバスはAccutonのC79、ウーファはATCの24cmSB75-234SCを密閉のキャビネットで使用しています。
 Yさんは、foobar2000プラグインのチャンネル・デバイダーの作者であり、一度お会いしたいと思っていました。 
 早速、音を聴かせていただきましたが、歪みが少なく、音量を上げても破綻せずに、素晴らしい音です。
 デジタル・ソースが中心のシステムで、MSBのマルチチャンネル用のボリューム、fireface UCX等を使われて、随所にデジタルオーディオに対する配慮とノウハウが投入れています。
 途中で、もう一セットのメインシステムで、ATM ハイルドライバーを聴かせていただきましたが、音場型でこれも素晴らしかったです。
 システムを見てのとおり、選択されたドライバーでも解るように、大ベテランです、同席された、Tさん、Kさんの話のレベルも高く、私自身いささか、消化不良でしたが、すばらしいオフ会でした。
 

コメントの投稿

非公開コメント