Discovery D7608/9200-10

t_2014-02-01_11-50-00.jpg
t_2014-02-28_08-19-46.jpg
t_2014-02-10_18-04-26.jpg

 Scan-Speak Discovery D7608/9200-10です、中音域に使う予定です。
 音は、Scan speakの傾向とは、全く異なり何と言ったら良いか・・・ 丁度1,000Hzにピークがあり、フィルターで、調整しないと、フラットにならない難しいドライバーです。
 フィルターで、フラットにする事は出来ましたが、素材固有の音がして、私の知識レベルでは、対処不能です。

 材料は、チークと欅材で、ドライバーの背中にはデッドマスを、しょっています。
 そのドライバーを、背後のパネルからシャフトで押している凝った構造です。
 下の写真は、シャフトを押す機構の部品を作製している所です。

 苦労して作ったのに残念です。
 
 納戸にしまってしまいました。
 何時か再チャレンジしてみたいです。
 
 

コメントの投稿

非公開コメント