クロスオーバーの調整

 オフ会に出品するスピーカーのクロスオーバーを調整しました。
 120-full.jpg軸上0.7mで測定

 サブウーファーとウーファーのクロスは、測定結果から勘案してオレンジ色の120Hzが、聴感上も特性上も良さそうです。
 本来は、ウファーとサブウファーのクロスオーバーは、85Hz以下にするのが、原則です、相互性原則(subwoofer reciprocity principle)と呼ばれるもので、サブウーファーが再生する周波数帯域が無指向性の為に原則が成立します。サブウーファーの存在感を無くすテクニックとして、85Hz以下のクロスが理想です。
 オレンジ色の120Hzの85Hzが、平均的な音圧の80dBとほぼ同一なので、聴感上で優れているのが、うなずけます。

 目標は、サブウーファーの存在が解らず、ブーミングな低音にならない、しかしスケール感が出る設定です。
 低音をサブウーファーに頼り過ぎて、クロスの周波数を上げて、サブウーファーの低音を出しすぎると、ブーミングになります、又、逆に下げすぎると、中低音の歪みが増大します。
 取り敢えず、Near fieldで±5dB以内に納めて、中野ZERO会場が、W7.5m×D13.5m×H4mという、奥行きがあり、通路が左側にある、難しいコンディションなので、部屋の影響の補正等は、現場処理型で対処します。

120-120.jpg
 残念なことに、120Hzのクロスは、綺麗な-6dBになっていません。
 80Hzまで下げれば多少は、良いのですが、そこまで下げると、サブウーファーの存在価値がなくなり、低音とスケール感が、少なくなります。
 サブウーファーに150Hzのノッチフィルターを入れるか、125Hzのベントの共鳴を、ずらすかの対処が必要ですが、一週間ではリスキーなので、今回は対処しないこととしました。
 共鳴周波数として40Hzが下限で、BOSEのサブウーファーは、少々物足りない感があります。
 最終調整は、町田のオフ会で行う予定です。

 

コメントの投稿

非公開コメント