タイムアライメント

DSC03665.jpg
 サブウーファーのオリジンを測定を行いました。

 ドライバーの音の出る基準点は、おおよそボイスコイルとダイアフラムの
接合点との説が一般的に言われています。
 例えば、
 フルレンジ :ボイス・コイルとダイアフラムの接合点
 ホーンスピーカー :ダイアフラム
 ドーム型トゥーイータ :ドームの先端

 では、ベントしか見えないサブウーファーの場合は、どうでしょう。
 測定した結果では、フルレンジと同様に、ボイスコイルとダイアフラムとの接合点の様です。
 キャビネットに白いテープでマーキングしましたが、丁度ベントの終端位置(ボイスコイルの位置)付近でした。
 ドライバー2個入りのサブウーファーの場合は、Fsの高い方が基準点になる様です。
 超低音の場合、位相、タイム・アライメントが、解りづらいですが、とかく低音が遅れて聞こえると、言われる事が多々ありますので、合わせた方が良いと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

これをテーマとする視点が面白いですね。
大変参考になりました。

Re: No title

takeさん おはようございます。

 コーンが表に出てない、この手のサブウーファーは、内側のベント開口部が基点なのですね。
初めてしりました。