アナログLPの終活 その2

 MCトランスを交換して、静寂感がましました。それでもボリュームを最大にして、ウーファーに耳を近づけると、微かにノイズが聞こえます。それも50Hzではなく、50Hzの倍音のノイズです。おそらく入力ケーブル線がアンテナとなり、漏れ磁束を拾っている様です。この様な微弱なノイズが、静かな音楽に重畳されると、音質の悪化に直結します。

LP-12
 LINN LP-12のキール部分(金属プレート)に、モーターの電源が備えられて、近くにチープなシンクロナスモータがあり、ハムを撒き散らしています。そのノイズまみれのキール部分からフレームグラウンドの配線があります。又、その付近にアナログ微小信号のフォノケーブルがあります、これでは、総てを同電位に出来ないので、誘導ノイズ(ハム)は取り切れないと思います。

LP-12のノイズ対策
 「音量を最大にしても、ノイズが聞こえない」状態が目標です。

不平衡から平衡へ
 MCカートリッジから、トーンアーム経由で、MCトランスの入力側まで、不平衡で伝送しています。そして、コールド側がシールドに接続されて、この辺に問題が有りそうです、潔く、この部分を平衡伝送(バランス)に改変することにします。この方式はカートリッジの内部構造により、効果が得られない可能性がありますが、取り敢えずチャレンジしてみます。

不平衡の伝送(現状) クリックで拡大
XUnbalance.jpg

平衡の伝送(改善案) クリックで拡大
Xbalance.jpg

ノイズが消えない場合
 水晶発振器から分周により50Hz(33.1/3rpm)と67.6Hz(45rpm)を作っている電源を取り外して、東京電力の電源同期に改めてみることにします。

アナログLPの終活

MCトランスが、出来ました
 今更、アナログそれもLPを聴くことに対して、投資をするのは、如何なものかと思います。アナログLPのSNRの悪さ、カンチレバーの撓りによる歪、チャンネルセパレーションの悪さを、少しでも改善できるか、チャレンジしてみました。

何故MCトランスをリニュアル?
 MCカートリッジは、ダンピング(負荷)抵抗で、振る舞いが大きく変化します。そして、そのMCカートリッジを正しく評価するには、正確に仕様に基づいて動作させる必要があります。今回は、その仕様に忠実にトランスを作製して、正しく評価することにしました。
DSC05590.jpg

トランスの仕様
 トランス2次側の負荷抵抗は、3種類の抵抗をショートピンで選択して、10k、14k、16k、29k、35k、178kにより最適な負荷抵抗の設定ができて、あわせて、昇圧比も1:13と1:26の選択が可能な仕組みとしました。
 ※純銀線で配線を行い、負荷抵抗はVishay Sferniceの金属箔抵抗(青いモールド)を使用しました。
DSC05593.jpg

トランスの測定結果
 試聴と合わせて、周波数特性、位相特性を計測しました。
1次インピーダンス40Ω 昇圧比 1:13 入力レベル0.1mV 
周波数特性 (10Hz~100kHz +/-1dB )
LL_F.jpg
位相と特性
LLphase.jpg

DL-103について
 DL-103とDL-103Rのルック&フィールが同一で酷似していますが、これらは、全く別物です。無印のインピーダンスが40オームに対して、R付きは、14オームで、出力電圧も異なります。これはコイルの線の太さを変更して、オルトフォンの低出力MCカートリッジに歩み寄った仕様に変更されています。DL-103Rに対して、従前のトランス(負荷がオープン=47Kオーム)を用いると純正と言いながらダンピングが効かない為に、高音が不自然にデフォルメされた音になります。

肝心な音
 DL-103Rに対して、純正トランスAU-300LC(負荷オープン)の音は、明らかにハイ上がりです。ダンピングが効かず、低音が不足して、腰高の音です。それに対して、今回作製したトランスは、適正な負荷抵抗を与えている為か、極めて普通の音です。
 ダンピングを適正に掛けると、定量的には解りませんが、針が溝をトレーするする能力(トラッカビリティー)が、向上して聴感上で、低歪、スクラッチノイズの減少、チャンネルセパレーションの良化に繋がります。

インピーダンス・マッチングの重要性
 アンプとスピーカーのインピーダンスが、アンマッチだと高域にピークが生じたり、低域が伸びないとか、気にされる方が多いですが、LPのカートリッジとフォノアンプとのインプーダンス・マッチングは極めて重要です。DL-103を要求仕様を守って、使う場合、それ程酷いカートリッジでは無いと思います。

夢のあとに :Apres un reve

 木々の緑が色づき、爽やかな初夏を迎えて、5月の薔薇が咲き誇り美しい季節です。こんな時に、ガブリエル・フォーレ(Gabriel Urbain Faure/1845-1924)を小さめの音量で、無作為に聴くのが好きです。

DSC05577.jpg

おすすめの曲
 フォーレの曲でしたら、どれも今の季節にあいますが、特に「夢のあとに:Apres un reve」が良いです。歌詞は、イタリアのトスカーナ地方に古くから伝わる詩を、ロマン・ビュッシーヌ(Romain Bussine, 1830~1899 Paris)が作詩したもので、詩の中では、夢で出会った美しい女性と幻想的な世界が描かれ、夢から現実に目覚めるさまを描いていおり、世代を超えた男性の願望と切ない現実を描いた曲です。
 選曲にあたっては、甲高い女性の声、バイオリンはおすすめできません。チェロ、ビオラで陰影の深い男の演奏が、機微に触れ、女性の演奏は何故か空々しく感じます。又、ここで言う「夢」は、再帰動詞: reflexive verbの夢をいいます。

フォーレのCD
DSC05583.jpg
 パリ空港の免税ショップで売っているフランス絵画のコースター様なCDのジャケットです。5枚組1,200円(送料別)でドイツ製です。フォーレの室内楽全集で、一寸、旧いフランスの音楽界のベストな演奏家の構成で、極めて廉価です。

FAURÉ "Après un rêve" - Maxime GRIZARD - 1er prix de violoncelle 10-13 ans FLAME (et Prodige 2017)

連休最後のこどもの日

 今日は、明日で連休が終わり、子供の日でもありますので、家族サービスの一日としました。行楽の行き先を考えた挙げ句、手短に国立新美術館の「至上の印象派展 ビュールレ・コレクション」に行き、東京ミッドタウンで食事をして帰宅しました。

MIdIke.jpg

ミッドタウン
 近代建築の三要素として、硝子、鉄、セメントと言われますが、加えるところの、緑(自然)で四要素だと思います。

クリックで拡大されます
BR2.jpg

自動温度調節ハンダ鏝の作製

 手作りアンプの会で、連休に合宿が行われて、温調ハンダ鏝の作製を行いました。会のE氏監修のもとに、回路の説明、製作、動作確認が行われて、楽しい一時を過ごすことができました。
DSC05550.jpg

ハンダ
 半田付けは、自作を中心としたオーディオの趣味では欠かせないもので、正しく行われるか否かで、機器の動作と音質がハンダ処理の仕上がりに依存します。質の悪いハンダを用いて、適当な温度でハンダ付けを行うと、電気の接触抵抗値の増大により、ノイズの原因、誤動作の増大の原因になります。

ハンダは何故つくの
 そもそも、ハンダは、金属を溶かして固めるから、「接着材と同じ?」・・・実は、ハンダ付けは、熔接や接着とは異なります。ハンダと銅(母材)の境界線部分に「錫と銅の合金層」を作り、金属間化合物を形成する事により接合します。そして、この金属間化合物を形成するには、大凡260℃の温度が必要です。

熔解の共晶って?
 共晶とは何でしょう?、複数の金属を熔解して混ぜ合わした時、一番低い融点の金属で、合金が溶けることを共晶と言います。例えば、鉛の融点327.5℃、錫の融点231.9℃で、それを6:4の合金(ハンダ)を作った場合、250℃あたりが融点と想像できます。しかし、何と183℃まで融点が下がり、その現象を共晶と言います。その仕組を上手く活かしたのがハンダ付けです。

温度管理
 はんだ付けの成否は、金属間化合物を形成する温度管理と、接合面の清潔度会いで、決まります。もちろん熔解したハンダが、毛細管現象で、細部に渡り流れ込む(濡れる)テクニックも必要です。個人的には、温度管理が、ハンダ付けの成否の9割を決定づけられると考えています。

温度管理とラピッドスタート
 そこで、温度管理が適切に行われて、ハンダ付けで、コテ先の温度が急激に下がった場合、それを補い、一定温度に保つ機構が必要です。又、使いたい時に、急速に使える温度に上昇する必要があります。そこで、以下の様な機能が必要となります。基本的な動作原理は、白熱電球などタングステンが、消灯時は抵抗値が小さく、点灯すると、抵抗値が上昇するという特性を応用して、ハンダごての発熱体(セラミック・ヒーター)の抵抗値を、一定間隔で監視して、抵抗値=温度を一定に保つ動作をしています。

1.ハンダごての電源を投入して、一定の温度になるまで、
  DC141Vを供給して、鏝温度を一気に上昇させます。
2.ハンダ付に最適な温度になると、クローズドループで、
  一定に温度を保ちます。
3.ハンダ付けを行い、母材に熱を奪われも、最適な温度に
  なる様にクローズドループで急速に鏝先温度を上昇させます。

結構、部品点数が多く、保護回路が充実しています。
DSC05552.jpg

MoOde Audio Player Version 4.1を試してみる

 MoOde Audioの実行モジュールの入手が出来ましたので、早速、味見を行いました。MoOde Audioには、ネットワークプレーヤーの肝である、UPnPレンダラーとDLNAサーバーが、備わっており、OpenHomeインターフェース対応か大いに気になっていました。 Openhomeのサイトをクルーズしてみると、ラズベリーパイでの対応も見受けられますので、いずれは、ラズベリーパイが、MPDという形式ではない、タブレット端末と機能分散した、ネイティヴなLinuxベースのネットワーク・プレーヤー選択のひとつとになることは、時間の問題かと思います。又、RoonもラズベリーパイとLinuxをサポートする方向なので、この分野は、今後とも目を離せません。※今回入手した実行モジュールは手作りアンプの会I氏によるものです。

以下、UPnPレンダラーとDLNAサーバーのアーギュメントが存在します。
Moode-3.jpg

1.MoOde Audioの設定
  I2S Audio Deviceは、以下のようにHIFIBerry DAC+Proで動作していますので、マスタークロック(MCLK)として、ラズベリーパイ本体のクロックからの分周ではなく、DAC搭載の低位相ノイズの発振器からのクロックで動作しています。そして、その時のシステムのパラメータの集約を診ることが出来ます。
Moode-4.jpg
MOode-6.jpg

2.ライブラリー
  内部ライブラリー、USBの外付けディスク等は、問題なくアクセスできますが、NASについては、マウントできますが、正常に読めてない無い様です。この辺は、未だバグがあり、バージョンが4.1に上がった時点で、大幅にUIが変わった部分です。

3.肝心な音
  音の良し悪しは、好みと、再生する環境との兼ね合いがあるので、表現が難しいのですが、Volumio2との比較を端的に言えば、Volumio2に比べて、MoOde Audioの方が、フラットな音で好感触です。Volumio2は、ウケ狙いで低音がブーストされており、ノイズカットを意識して高音を意識的に減衰しています。Volumio2を30Hz再生可能なシステムで再生すると、聴くに耐えない超低音が再生されます。Volumio2は、プラグインのイコライザーで調整する必要がありますが、MoOde Audioは、その必要は無いようです。

ティピカルな再生中の画面クリックで拡大
MOode-1.jpg

4.MPDとしての選曲機能クリックで拡大
  以下の画面が、MoOde Audioの当初から継承されている画面です。残念というか、Volumio2と較べて洗練されていません。しかしこの部分は、何れタブレット端末をOpenHome経由でコントローラとして使うので、個人的にはどうでも良いと思っています。
Moode-5.jpg

デジタル・キャプチャーによる音の相違

 ネットワークオーディオには、CDからキャプチャーしたデジタルのデータが必須ですが、何れRoonとの契約を終えた時点で、CDの購入とキャプチャーには終止符をうつことになります。Roonのローカル音楽DBも出来たら高音質で格納したいので、CDからの音源キャプチャーについて考察してみました。

CDドライブにより音が異なる
 リアルタイムにCDプレーヤーとパソコンに搭載されているCDドライブで、同じCDを再生した場合、音質が異なることは、あたりまえのことで、今更、音質の差が有る事を否定しません。CDを再生する場合、リアルタイムに再生した場合、デジタル情報の波形に対するノイズの影響は、大いに有ると思います。

デジタル・キャプチャーによる音の相違
 異なるCDドライブから、シリアルATA、IDE 経由で、同一パソコンのハードディスクに格納して、違うタイミングで、同一再生環境で聞いた場合、音質の差が生ずるのか否か、を調べてみました。今回は、キャプチャーの翌日に再生を行いました。

比較の方法
 キャプチャーのソフトは、最新のdBPoweramp V16.4(64bit版)を用い、取り込む度に、読み取りレンズの光軸オフセット(アライメント)の調整を行い、アキュレートリップで、6倍速で行いました。そして、そのドライブの個性(癖)を強調するために、キャプチャーしたデジタルデータを、再度、CD-Rに書き込んで、そのCD-Rを再びキャプチャーすること、10回繰り返して、最終のデジタルデータを試聴(比較)に用いる事としました。
 音質の比較を行う前に、Windowsのユーティリティー・ソフト「バイナリ比較 Bn_Cmp」を用い、WAVファイルのヘッダーとトレーラを除きバイナリーで比較を行い、相違がない事を確認した上で、試聴を行いました。

テストドライブは2種類
 なるべく、異なったドライブを用いて、音質差をデフォルメ出来る環境するために、SATAのドライブとDVDライターの黎明期に発売された、由緒正しいIDEインターフェースの日本製ドライブを用いて比較しました。

1.Pioneer DVR-A03
  2001年9月17日 国内製造 IDEインターフェース
  当時の実勢価格 9万円
DSC05542.jpg

今では考えられない程、製造に手間の掛かったDVDのドライブです。
DSC05531.jpg

DSC05538.jpg

2.Panasonic UJ240 2010年2月
  パナソニック システム ネットワークス 福岡県博多製造
  当時の実勢価格 3万円
DSC05544.jpg

DSC05539.jpg

バイナリーでの比較
 WAVは、IBMとマイクロソフトにより決められた、RIFF waveform Audio Formatの一部で、ヘッダー部分には作製された日付、サンプルレート等の制御情報のチャンク(Chunk)と音楽データボディーのチャンクがあるので、単純に比較すると一致しません。そこで、ユーティリティー・ソフトで、比較する場所の開始点をチャンク2の音楽データボディーから行うことにしました。

RIFF waveform Audio Format(WAV)のレイアウト
XWAV.jpg

バイナリーレベルでの比較結果
 どのドライブでも、正常にキャプチャーされた場合は、どのデータも全く同一(Exactry match)で、俗に言う「ビットパーフェクト」です。

肝心な音の比較
 オリジナルのCDからキャプチャーしたWAVと、10回キャプチャーCD焼き込みを繰り返したWAVと聴き比べてみました。結果は、世のため人のため内緒にしておきます。

ドライブにより音が変化するとしたら・・
 変化が生じるとしたら、WAVのヘッダー(チャンク1)にある、パラメータ、アーギュメント等が、何らかの事象により変更された場合は、音質面で変わることは充分にあると思います。例えば、WAVでも擬似タグの設定が可能ですが、標準化出来てないWAVのタグの設定方により、再生が出来ない、WAVプレーヤーとSDメモリメモリープレーヤーが存在します。その様なソフトとプレーヤーは、WAVのタグを正しく処理しないで、誤判断したアーギュメントで誤動作しながら、再生している恐れがあります。有名な再生ソフトで、途中からデジタルノイズとなる音源が有り、foobar2000でファイルコンバージョンを行うと正しく再生されるソフトがあります。そのようなソフトで比較しても、正しい結果は得らません。WAV同士を比較す場合、タグの初期化が必須と言えます。

結論
 来るべきRoonの時代に、「キャプチャーに用いるドライブにより音が異なる」・・・これは、触れないことにします。