ネットワークプレーヤー VS ラズベリーパイ+DAC

 OpenHomeに対応したネットワークプレーヤーを導入する場合、無視出来ないのが、ラズベリーパイ+DACです。単純に処理能力をくらべると、最新のRaspberry Pi 3 モデル B=Raspberry Pi 3 B(BCM2837B0)は、1.4GHzのスピードで、64bit 4コア/ARM Cortex-A53 で構成されて、ソニーの製造です。以前は、英国、中国で生産されて、色々と些細なトラブルがありましたが、日本製になって、原価は上がりましたが、国内製の為に価格が下がり、スタビリティーが良化しています。64bit 1.4GHzのサイクルタイムのコンピュータと言えばアポロ計画に使われたIBM 7094-Ⅱより遥かに高速です。しかし、コンピュータは、周辺機器のスピード、プラットフォームの完成度等、信頼性と全体のスループットの評価なので、単に脳味噌部分のサイクルタイムの比較だけでは語れないのですが、1.4GHzのCPUは、早いことは確かです。

VolumioというMPD
なかなか侮れないソフトで進化中(シューベルトの8番)
VOlumio2.jpg

レガシーなプレーヤーとラズパイの比較
 そこで、ネットワークプレーヤーとラズベリーパイのスループットを比較すると、お話にならない程に、ネットワークプレーヤーが低く、ラズベリーパイが高いことは、紛れもない事実です。例えば、※ギガビット有線LANアダプタ経由で、10,000曲を超える音源をNASから読み込みインデックスルをリビルドする速度を比較すると、ラズベリーパイの場合、15分ほどで終わるが、ネットワークプレーヤー(スフォルツァート DSP-01)の場合、LANの速度が100Baseの為か3,000曲程度のビルドで、60分経過しても完了しません。しかし、ラズベリーパイの最大ウイークポイントは、常に開発途上であり、永遠に完成しないことです。
※ギガビット有線LANアダプタ経由:300Mbpsの転送能力を有すUSBアダプター(Gigabit Ethernet over USB 2.0)

ネットワークプレーヤーの将来
 Lumin D2 、LINNのKlimaxの様に、最新の高速FPGAチップ(ザイリンクス:XILINX VIRTEX)を搭載したものか、プアマンズ・ネットワークプレーヤーとして、ラズベリーパイ+MPDあたりが生き残ると思えます。PCオーディオは、Windows・プラットフォームをベースとした、foobar2000、JRiver Media Centerあたり生き残り、それ以外のJPLAY等は、一部コアな愛好家に支えられて細々と残りますが、情報開示が少なく開発体制がクローズドなので、新たなコアなソフトの出現により、消えてしまう恐れがあります。それからRoonに対して、Roon社とロイヤリティーの交渉等、今後の展開が、ネットワークプレーヤーの命綱になると思われます。

最大の心配事
 LPレコードとプレーヤーは、操作が面倒なので、ハッキリいってどうでも良い、手間の掛からない良質なネットワークプレーヤーが欲しい。Luminも良いが、所詮LINNの後追い、しかし製品の出来具合は、本家に負けず劣らず素晴らしい。LINNのKlimax DSMは、スイッチング電源、スフォルツァートは、ARM社が設計したRISCプロセッサーARM11で、アーキテクチャーが古すぎる、他の日本製は完成度が低く、ベクトルとフォーカスが不明なため却下。 最近 Lumin D2が発売されてから、Lumin D1が底値の状態の様子、小型で魅力的で外部電源なので、リニア電源を自作すれば、化けてLumin D2を超える可能があります。
 しかし、最大の心配事は、ネットワークプレーヤーに入れ替えて、現状のfoobar2000+Monkeymoteより、速度、操作性が悪くなることが最大の関心事です。又、ラズベリーパイ+低位相ノイズ発振器を使ったS/PDIF出力の音が、あまりのも良いので、三竦みになってしまった。どうしよう・・・