LP再生システムのリファイン

 最近、LPレコードを久しぶりに聴いて、一寸、楽しめると思いました。しかし普段使いには面倒で、リファインの為の投資は如何なものか、と思ってました。しかし、ここは最後の足掻きとして、MCカートリッジの昇圧トランス(MCトランス)を、高音質になることを期待して、入れ替えてみることにしました。

昇圧トランス/ヘッドアンプ
 MCカートリッジからの微弱な電気信号をトランスを使って20dB(10倍)程に昇圧させるのですが、良いトランスに巡り会えれば、SNRを簡単に確保できます。基本的にトランスの音になる傾向です。それに較べて、ヘッドアンプは、MCカートリッジからの電気信号を半導体を使って昇圧しますが、高いSNRを確保するのが大変であり、使う部品の選択、回路の設計技術と、インプリメンテーションの能力により、雲での差が生じます。総じて、値段がピンきりで、どれが良いのか解りません。

現在のトランス
 使用中のトランスは、DL-103用の純正のトランスで、AU-300LCで、タムラ製作所のトランスでPC (78パーマロイ) ケースで2重にシールドされている、親指程度の大きさのトランスです。ケースを開封してみると、トランスのみで、負荷抵抗、スイッチ等が無く、DL-103にオプティマイズされて、簡潔明瞭です。このトランスに対抗して、好結果を得るのは、かなり困難と言えます。
AU3002.jpg

昇圧比 : 1 : 10 (20dB)
出力バランス : 0.5dB以内
適合カートリッジインピーダンス : 3Ω~ 40Ω
1次インピーダンス : 40Ω
2次インピーダンス : 4kΩ
周波数特性 : 20Hz~50kHz (一次側 40Ω 、二次側 50kΩ)

アンプ、トランスどちら
 ヘッドアンプを作る程の技術が無いので、新たなトランスでチャレンジしてみます。その為には、古今東西で評価の高いトランスを探して、作ることにしました。

新たなトランス
 昇圧比 : 1 : 10 (20 dB)程度として、入手困難でアンテイークな、UTC、TRIAD、STM、JS、ノイマンがありますが、現在でもEMT(EST10)とオルトフォンのSTシリーズは、購入可能です。それを入手するのも良いですが、一寸調べてみると、オルトフォンのハイエンドのトランスが、ルンダール(スウェーデン)製トランスを使っている事が解りましたので、早速、ルンダールのトランスを米国ノース・カロライナ州エイペックスから調達する事にしました。

トランスの仕様
 トランスは、ルンダール製のMCトランスLL1681で、かなり大きなコアーボリュームで、1個90グラムを有します。
DSC05419.jpg
仕様は以下のURL
 http://www.lundahl.se/wp-content/uploads/datasheets/1681.pdf
 昇圧比は1:13又は、1:26で、結線により選択可能です。DL-103の出力電圧が、0.3mV(1000Hz 50mm/sec水平方向)ですので、結果、約4mVに昇圧されますので、オリジナルのトランス以上に、最適だと思います。また、インピーダンスは、巻線比の二乗に比例しますので、フォノイコライザーアンプ側のインピダンスが47kオームで、Low出力High受けとすると、以下のような負荷抵抗の設定が考えられます。

負荷抵抗
Ratio.jpg

ケーシング
 アルミダイキャスト製のケースに収める予定です。