Roonの台頭によりオーディオの世界が大きく変わる

Paradigm shift from "owned" to "used"

 レガシーなオーディオは、二極化していますが、これが、この先5年程で、三極化する可能性があます。その一つは、従前からのオーディオ機器にCD、LPを載せて、再生ボタンを押して楽しむ、オーディオマニア御用達の「ガラパゴス型オーディオ」、そして二つ目は、最近の家庭内LANを生かして、タブレット端末とプレーヤーをOpenHome、UPnP/DLNAでブリッジした、「ジュークボックス型オーディオ」があります。そして、三番目に現れたのが、成熟した再生ソフト界に現れたラウンチである「Roon」という「総合音楽鑑賞ソフト」です。自宅にある音源とWebに存在する高品質な音源をシームレスに、検索と再生を可能として、その為の音源タグが全て、備わり最適化されているシステムです。

 公式HPでは、以下のように述べられています。
https://roonlabs.com/

Music isn’t files and streams. It’s the work of passionate people who compose, collaborate, and perform live. Stop looking at lists and start experiencing a multi-dimensional world of music.

Roon
 Roonのもたらすボーナスは、ジュークボックス型オーディオのカテゴリーにおいて常に障壁となってきた「ミュージック・ソース」の保守の問題を一気に解決する手法であり、将来、簡単な装置で膨大な音源のクラウドという大海に出帆する魅力を持っています。
Paradigm shift from owned to used. ・・・ 音源の所有から利用へ

OpenHomeとRoonの共存
 ネットワークプレーヤーの双璧である、Linn、LUMIN は、Roonへの対応をCESで、一早く表明しており共存の方向を進めています。そして、日本のオーディオメーカーと言うと、全くの体たらくで、将来性が感じられない状況です。日本のメーカーとしては、ソニー辺りが技術的に出来そうですが、ソニーは自分が中心で規格を作らないと気が済まない会社ですので、ATRAC(アトラック、Adaptive TRansform Acoustic Coding)の時の様な失敗を繰り返すので、技術的に出来ても経営的には避けると思います。ハードディスクプレーヤー、ウォークマン格納のローカル音源に留まらず、シームレスにWebからも検索再生する仕組みを作って欲しいです。
SONYHDD.jpg

Roonのコア
 Roonのコアは、正しくRoon ServerをRoon Coreと考えており、パソコンサーバー、音源クラウドへのゲートウェイです。

今後のオーディオ
 重箱の隅を突く様なオーディオ機器の小物を作るのは、程々とし、美しくて楽しい音楽に浸れるシステムを、工築では無く、構築したいですね。ところで、日本のオーディオ業界では、LPレコードとハイレゾ音源の話題を囃し立てていますが、そんな一過性の話題で大丈夫?