RASDAC+ Proの作製 その6

 今年の2月にラズベリーパイを用いたRASDAC+ Proを作成してから2か月が経ち、そろそろネットワークプレーヤーとして最終的な仕上げを行って実用に供したいと思っています。

フィックス ネットワークプレーヤー
 ネットワークプレーヤーとして、LINN クライマックスDS、Lumin S1、スフォルツァート DSP-01等、高価なプレーヤーがありますが、その殆どが、内容的にも価格に相応しい完成度と思えません。既に発売されてから2年程経過しているのに、その機能と性能に全く魅力を感じません。又、それを操る、コントローラーのソフトの完成度も低く、未だに発展途上といったところです。

ネットワークプレーヤーの内部
Lumin S1
美麗な作りで、アナログの出力ステージ(左)は、定番のルンダール(スウェーデン)製トランスを用いています。プロセッサー(右)は、ヒートシンクがついている本格的なCPUで、コンピュータそのものといえます。
Limin.jpg

LINN クライマックス DS
左がスイッチング電源、中央がプロセッサー、右がアナログステージで、Luminと同様にルンダールのトランスを使っています。
Kilimax.jpg

スフォルツァート DSP-01
左の基盤がプロセッサー、右ががアナログステージで、ハッキリ言って、試行錯誤の末に、完成した様子が伺えます。雑然とした作りで、インプリメンテーションとコンストラクションともに美麗とは思えません。
SFZ01.jpg

ネットワークプレーヤーの仕様
 ネットワークプレーヤーは、上記、各社の作りからレガシーなオーディオ機器ではなく、廉価なコンピュータを応用して、徹底的なノイズ対策を施した構成に徹する方が、容易に高性能な結果が得られると思います。そこで、自作のプレーヤーは、高額な投資が必要となるアナログ出力は、はなから止めて、デジタル出力のみとします。それも、S/PDIF、TOSLink、AES/EBU、HDMI(PS-Audio)の4種類とします。

 構成図
NWP.jpg


デジタル出力ステージの基板
 i2S入力で、上記4種の信号出力が可能な廉価な基盤を入手したので、これと、RASDAC+ Pro、リニア電源(デジタル、アナログ分離)を用いて、作成する予定です。
DSC05410.jpg

ソフト
 ソフトは、Openhome対応予定のMoodeaudioを採用する予定です。