アルバム発表会に行ってきました。

 今日は、3月21日(春分の日)アルバム・リリースの事前プレス向けの発表会に行ってきました。場所は、六本木に近い東京赤坂6丁目のシンタックスジャパンの東京オフィスです。レコード会社、音楽出版関係の方々がいらしてました。

今回のリリースアルバム
わたしが一番きれいだった時:When I was Young and so beautiful
というタイトルで、一言で表すとしたら「文学的音楽」・・・「音楽的文学」です。文字が無い頃から存在していた「詩」は、まさしく 声 であり うた でした。そして、このアルバムは、OTTAVA Recordsから、MQAのCD、e-onkyoからはハイレゾで販売される予定です。

アルバム・アート
When-I-wasYoung-and-so-beautiful.jpg

インタビューを受ける三枝伸太郎(Shintaro Mieda)さん
DSC05285.jpg

レコーディング
 アルバムのレコーディングは、2017年10月5,6日に三鷹市芸術文化センター 風のホールで行われ、録音、ミックス、編集、マスタリングの総てを、Mick Sawaguchi氏(沢口音楽工房)で行われました。
_DSC4475.jpg

演奏
 三枝伸太郎(Shintaro Mieda) ピアノ
 小田朋美(Tomomi Oda)ヴォーカル
 関口将史(Masashi Sekiguchi)チェロ
_DSC4696.jpg

曲目
kyoku.jpg

帰り道に
 折角、赤坂に来たので、一寸散歩しました。近くに、緑の杜が生い茂る氷川神社が有り、其の木陰から六本木ヒルズが見えます。今日は、天候が優れず、鉛色の空にビルが聳え立ち、一寸寂しい風景です。

赤坂 氷川神社
DSC05284.jpg

鉛色の空の六本木
DSC05287.jpg