LPレコードプレーヤー命の調整

 久し振りにアナログ系(LPレコード再生)を整備しました。アナログ伝送路のRCAコネクタ、シェルリード線コネクターをイソプロピルアルコール(isopropyl alcohol)を使い、丁寧にクリーニングを行いました。又、ターンテーブル、トーンアームのバランスを取り直して、AD変換の調整を行いました。アナログ機器は、調整個所が多くて、面倒見が大変です。しかし調整しろが有るので、最善の状態に追い込める訳で、調整個所の少ないアナログ機器は、ベストな状態に追い込めず、妥協して動作していると言えます。
DSC05274.jpg

RCAコネクタのクリーニング
 前回の保守から半年程の経過ですが、ガーゼを使い、無水アルコールで接点を拭くと、結構黒ずみます。クリーニングを行う度に気になるのですが、接点の金メッキが、本物の金で、役にたっているのか気になるところです。

ターンテーブルの調整
カートリッジの針先にエネルギーを与えるのがターンテーブルの役割です、LINN LP-12の設置・取扱説明書に沿って調整しました。この取説(58頁)は、残念ながらリンジャパン(サウンドクリエイト)の製品には添付されていません。
 ・プリンスの水平出し
 ・回転数(rmp)の調整、モータの高さと角度
 ・モーター隈取コイルバランス調整
 ・電源(AC85V)ヘラクレス(Hercules)の電圧調整
 ・進角コンデンサーの調整
 ・スプリングの向きとバランス調整
 ・アームボードの高さ調整
 ・アナログケーブルの配置調整
 ・フロート・ゲル材の調整
 
トーンアームの調整
SME3009の調整項目が多く、取扱説明書に沿って、丁寧に行いました。
 ・水平バランス
 ・ラテラルバランス
 ・高さ調整
 ・針先の位置調整
 ・カートリッジの角度調整
 ・オーバーハング調整
 ・インサイドフォース・キャンセラー調整

 調整は、結構デリケートです。カートリッジを変える度に調整が必要で、面倒です。取り敢えず、デノンのDL-103用にフィティングしました。

針圧
 針圧は、デノンのDL-103の仕様に合わせて12%増の2.8グラムとしました。針圧は、トラッカビリティーの観点から、仕様で許される最重量にすると、良い結果が得られると思います。

サンプリングレートとゲイン
 RME FirefaceのAD変換サンプリングレートと、ルビジウム・ワードクロックを96kHz/24bitから、176.4kHz/24bitに改めました。又、入力ゲインもAD変換でサチュレーションしない範囲で高めに設定しました。

肝心な音
 聞き慣れたDL-103の音がします。特に歪も聴こえず、何でもない極普通の音です。消耗品の針も交換で、25,000円と廉価なので、こんなものでしょう。結論として、LPレコードプレーヤーは調整が命です。