RASDAC+ Proの作製

 今までのRaspberry Pi を用いた、DACとMPDの殆どが、デジタル信号のBCLK(bit clock)からMCLK(Master Clock)を生成しています。その為か、音質面ではトランジェントは良のですが、音楽を聴いていると、再生される音楽の音程(ピッチ)が狂っている錯覚に陥る事が多々ありました。その様なマスタークロックの致命的な問題とノイズ対策等、改善点のバックログに対して、一矢報いる趣旨で、手作りアンプの会のI氏が設計された、高機能、高性能なRaspberry Pi用のDACです。

製作会の様子
皆さん、ルーペが手放せません。
Raphsberry-1.jpg

機能概要
・アナログ、デジタルの信号の総てが、アイソレータにより分離
・DACのクロック(MCLK)は、Raspberry Piのクロックを用いず、
 独自の低位相ノイズ発振器で供給
・i2SのWDCLK、SCLKは、DAC側からRaspberry Piへ送出
・電源をアナログ、デジタルの2系統に分離
DSC05126.jpg

作製にあたって
 DACを構成する部品の数が多く、又、Raspberry Piの大きさに合わせて、チップ1608を使用しており、ハンダ付けが、極めて困難です。ハンダ付けを行うに際して、ルーペ、実態顕微鏡が必須となり、ハンダ鏝も鋭利な物が必要となります。
 チップ1608とは、横縦幅が:1.6mm×0.8mmの大きさの部品です。

専用電源
 今回の作成したDACを、活かすも殺すも電源次第なので、専用のシリーズ電源を用意しました。電源はLDOを用いた5V、2系統です。デジタル系、アナログ系の2系統の供給に用い、更にクロック用の電源とLVDSのセンダー(送信)用に設ける予定です。
XDSC05127.jpg

i2S出力
 今回搭載しているDACは、スペースの狭隘度から、バーブラウンのPCM5122ですが、i2S信号のTTLレベル出力と、LDVSの送信機を搭載して、HDMIケーブルで、i2Sでのフックアップが可能な仕組みとします。それにより幅広く好みのDACと接続が可能となります。