フィルムカメラは、塵(金属・陶器・ガラスごみ)

 スマホのカメラが広く普及して、コンパクト・デジカメ(コンデジ)を持ち出す時は、旅行とか、特別綺麗に撮影したい時に限られます。まして、一眼レフ、特にフィルムカメラに関しては、既に死語になりつつあります。先日、NOS(新古品::New Old Stock)のフイルム一眼レフをカメラ店で処分を考えました。

驚くべき結果
 なんと、NOSのフイルム一眼レフの買取価格が、「写ルンです:シンプルエース)」27枚撮りより安いのです。

ペンタックスSL f1.4レンズ付き 買取価格500円
DSC04946.jpg

写ルンです 734円(税別)
utsuru.jpg

 NOSのフイルム一眼レフ:下取り価格:500円
 レンズ付きフィルムカメラ;上代   :734円
 ILFORDレンズ付きフィルムカメラ :2,197円

 ・漬物の石・・・・・・錆びるので不可
 ・書初めの文鎮・・重過ぎる
 ・置物・・・・・・・・・・邪魔
 ・玄翁の代わり・・・使った後、粗大塵で処分

値段の付くフィルムカメラはあるか?
 以下のカメラ以外は塵(金属・陶器・ガラスごみ)と同様で、プラスチック・ボディーのカメラ、レンズを処分する場合、資源塵(ビン、缶、ペットボトル)となります。
正常に動作する、ライカMシリーズ、プレミアムのニコンSP、チタンボディー、ブラック・ペイントのFシリーズ、ハッセルブラード、ローライフレックス、旧コンタックス、但し、いずれもレンズはツァイス製のみ

 カメラは、下取りに出さずに持ち帰りました。しかし、持っていても使い道が無いです。せいぜい置物で、あの世に行ってから、オーディオ装置と一緒に家族が粗大塵として、処分する事になりそうです。団塊世代からの世代交代に同期して、カメラ、オーディオセットが、大量放出され、殆どが粗大塵となり、少数の価値あるカメラと、ビンテージ・オーディオ機器のみ大陸に渡る事になると思います。東京都23区の塵の定義で「金属・陶器・ガラスごみ」は、鍋、やかん、傘、蛍光灯、と同じ分別で、月2回の無料収集です。