消音パソコンをipadで快適操作

 ミュージックソースもCDの量に応じて増えてきます。その中からその時の気分に合わせて選曲して、再生を行う場合、CD棚から数枚取り出して、CDプレーヤー等に掛けるのが今まででの方法でした。しかし、PCオーディオによりその儀式が激変して、聞く場所に居ながらして、数万曲の中から「アラジンのランプ」の如くipadを擦り演奏(再生のデマンド)を行う事が可能になりました。個人的にはアナログのオーディオの方が音質面でベストであり、PCオーディオは、投資額との妥協の産物だと思っています。しかし、選曲を行うためのパソコンのパワーは、別次元のソリューションであり、その利益を最大限に活かさない手は無いと思います。

音楽プレーヤーLUMINでの操作例
DSC04818.jpg

Software hierarchy
ZSoft.jpg

ipadで快適操作環境
 foobar2000 を UPnP/DLNA Server として建てて、Linn Kazoo、又はLUMINをコントロールポイントとして、Wifi環境で、foobar2000 を UPnP/DLNA サーバーとUPnP/DLNA Rendererとして音楽を再生します。そして、foobar2000をOpenHomeに対応すべくBubbleUPnP Serveを平行に建てて対応します。

OpenHome
http://openhome.org/

JAVA VMの導入
 Java virtual machineの最新サブセットが必要です。Oracleのサイトから、JAVA スード(shudo)マシン機能を追加します。
https://docs.oracle.com/javase/8/docs/technotes/guides/vm/index.html

BubbleUPnP Server の導入
BubbleUPnP Serverの開発サイトからダウンロードして、設定しますが、途中で上記のJAVA VMの導入が促されます。設定は極めて簡単です。

そして動作
 今まで使っていた、Monkeymortに併せて、Linn Kazoo、Luminを動作してみました。その動画を以下から見ることが出来ます。どれも速度が速く、最新のipad Proでは、画面のリフレッシュレートが、30fpsから60fpsに改善された故に表示も滑らかで、実用的です。この仕組みが、只で構築(導入しただけ)出来るとは、とても幸せです。

Monkeymort
https://www.youtube.com/watch?v=BCbEgkFLl3w&feature=em-upload_owner

Linn Kazoo
https://www.youtube.com/watch?v=c1L7tPVHuAY&feature=em-upload_owner

LUMIN
https://youtu.be/uGlHSmjcKIQ

Linn KINSKY
 ipadでアルバムアートをグリッド状に表示する機能が無く、動作が緩慢なので除外しました。

肝心な音
 音の良さは、Monkeymortがベストです、但し、UPnP/DLNAサーバー環境を停止して、プラグインをインヒビットする事が条件です。他のプレーヤーの評価はこれから行う予定です。OpenHome化は、機能が複雑多義で冗長度が高く、音質面でかなり不利な様です。