新リレー式アッテネーター attenuator その16

 明日は、手作りアンプのオフ会(三土会:毎月第三土曜)ですので、最後の仕上げを行い、会場で音を出す予定です。三土会も、残すところ8回程で、200回の開催を迎えます。2000年の夏から、かれこれ18年間続いています。
三土会は、ここ 
http://kantou-sandokai.sblo.jp/

ケーシングと性能
 何とか、ケーシングを終えて、当初の目標でした小型化が実現しました。恐らく、バランス伝送4Wayのアッテネータとしては、世界最小であり、そして、左右等のバランス(ギャングエラー)も誤差0.1 % ±10ppmの抵抗を用いたので、オーディオ用として申し分ないと思います。
DSC03141.jpg

電源のトラブル
 無い知恵を絞り、電源を作製しましたが、微妙に電圧と容量が不足して、安定稼動が出来ませんでした。当初予定のパワーパックで稼動させれば、問題なかったのですが、ドロッパー電源とシャーシーの高さに拘り、リレー基板の電源に無理をしてしまいました。そこで、設計者のI氏に専用の電源を用意していただきまして、事無きを得ました。

 以下が、電源の状態
 黄色 整流後の電圧
 水色 6Vライン(電源基板の出力)
 桃色 ドロッパレギュレータ(NJM2805)の入力の電圧
 青色 ドロッパレギュレータの出力の電圧(5V)
 
電源の電圧と容量が不足している状態で、PICへの電圧(青色)も不安定です。
DS1Z_QuickPrint19.jpg

改善された状態で、PICへの供給電圧も安定してます。
DS1Z_QuickPrint11.jpg

消音処理
 リレーを用いている為に、減衰値の変更時にリレーの動作音が生じます。可能な限り、消音処理を行いましたが、皆無にはなりませんでした。それでも切り替え音の高音成分を減らす事が出来たので、「チッ、チッ、チッ」 音から耳障りではない、小音量の「プッ、プッ、プッ」 音に抑える事が出来ました。この音も意識して減衰値を替えるときのみなので、特に問題になりません。アッテネータから6m程離れると殆ど聞えませので、消音は成功といえます。

左の黒いスポンジの箱が、手作りの消音カバーです。
DSC03142.jpg

リレー部分に消音カバーを被せた状態です。
DSC03143.jpg

今後の予定
 PCパーマロイ(Ni-Mo,Cu-Fe)パネルの入手が出来たので、電源部とアッテネータ部をパーマロイで隔離する予定です。現在でも、ハム等のノイズが聞えないので、特段必要なかったように思えますが、この加工で、このプロジェクトの最終にしたいと思います。