新リレー式アッテネーター attenuator その11

 連休中の行楽地は、何処へ行っても混雑して良い事がありません。道路は渋滞して、観光地は混雑して、無駄な時間を費やします。この様な時は、涼しい自宅でユッタリと工作を行うのが一番です。そこで、一番手間の掛かるシャシー加工を行いました。

シャシー加工
 今回は、D-sub(DB-25)の取り付け加工を行いました。もとのシャシーはDAC用なので、RCAジャック4個、S/PDIFの穴が適当に空いていたので、それを塞いで、DB-25用の穴を開けました。3mm厚のアルミパネルを用意して、切削後ヘアーライン処理と、防錆塗装を行いました。
DSC03060.jpg

問題点
 小さな問題ですが、DB-25を固定する「 嵌合固定台 」(DDK:スタッド)の大きさが、JAEとDDKでは、意識的に大きさを変えていて、DDKの廉価なスタッドを使うと、JAEのメタルシェルが干渉して、はまらない仕組みになっています。
 流石スタッドのサイズまでは、IEC(IEC-807-3)では定義して無いのです。
XDSC03064.jpg

解決策
 JAEのメタルシェルを捨てるか、新たにJAEの嵌合固定台を購入するか、苦慮した結果、新たに固定台を購入する事にしました。

今回使った道具
DSC03067.jpg
 今回のシャシー加工は、既にRCAジャック等の穴が開いているので、シャシー屋さんに加工を依頼する事ができません。そこで、精密加工用の糸鋸を持ち出して、音楽を聴きながら、ユックリと時間を掛けて行いました。加工に用いた糸鋸は、スイスのGROBETの鋸フレームと糸鋸(歯)は、スイス製ヘラクレスを用いました。この鋸を使うと、3mmのアルミ合金でもサクサクと切削することが出来ます。宝飾、時計、眼鏡、歯科技巧にて用いられる欧州製の道具は素晴らしいです。