フレンチレース(French Lace)

フレンチレース(French Lace)が、庭先に咲きました。
五月の薔薇は、一年で一番美しいです
DSC02762.jpg


DSD/PCM収録&製作セミナー

 先日4月28日(金)に神南のロックオンという音響機器販売店とRMEのソールエージェントであるシンタックス・ジャパンの協賛で、DSD/PCM収録セミナーがあり、参加してきました。基本的にRME機器の販促ですので、録音機器はRME fireface UCXと、最新機種のADI2 Proを用いた録音方法とPCM(192kHz) と DSD11.2Mhzとの聞き比べです。
DSC02717.jpg

録音技術者
録音をご担当されたMick沢口さん
1971年千葉工業大学 電子工学科卒 同年 NHK入局 ドラマミキサーを担当、現在70歳の現役フリーのレコーディング・エンジニア
UNAMASレーベル
http://unamas-label-jp.net/
サラウンド寺子屋塾 5.1 Surround Terakoya Lab
http://surroundterakoya.blogspot.jp/
DSC02716.jpg

録音場所と音楽
 沖縄県の八重山諸島にある島で、沖縄県八重山郡竹富町、石垣島からは、高速船で約10分程の場所で、小柳ルミ子さんの「星の砂」という歌謡曲で有名な所です。そこで、BLUEのマイク2本(Bottle Rocket Stage One)とフィールドレコーダー、Pyramix編集機を用いて、竹富の民謡である「安里屋ユンタ」と、サウンドスケープの海の音をミックスして、環境音楽を創生しています。
DSC02722.jpg

音の印象
 竹富の民謡である「安里屋ユンタ」は、素晴らしいの一言に尽きます。海の音も良いのですが、民謡を録音した民家のデッドな感じと、深夜の海岸の音とをミックスしたので、とても音場感において違和感があります。屋外の音が聞えながら、ソノリティーが良すぎます。例えれば、NHKの放送ドラマで解説と効果音がミックスされた時の様で、耳が詰まった様な感じです。レーモンド・マリー・シェーファー(Raymond Murray Schafer)の唱えるサウンドスケープの音響生態学としは、ミックスしない方が、価値として優れていると思います。

肝心な音質
 PCM(192kHz)とDSD11.2Mhzの試聴比較デモを聴きましたが、意識的にDSD11.2Mhzの音圧を6dB程高くして再生したので、正直のところ良く解りませんでした。冷静に聴くと、それ程の差が無く、DSD11.2Mhzの方が音が太く、PCM(192kHz)は繊細と言った感じで、PCMに比べてDSDの優位性は確認できませんでした。

ADI2 Proという機器
 アナログからデジタルに変化する装置で、PCMとDSDへの変換が可能な機器で、今までのRMEの機器とはことなり、コンシュマーユースを意識した機器で、この機器から、プロの音楽業界でのデファクトスタンダードである firewire (IEEE1394)のサポートが無くなっています。又、ヘッドホンアンプに力を注いで開発したとの事です。ハイライトとしては、RMEの命である、totalMIXのサポートが無く、何とも中途半端な機器で、短命に終わりそうな気がします。従前のfirefaceシリーズ等は、ミキシング・コンソールからMIDIインターフェースで、totalMIXをリモートコントロールが出来たのですが、その機能を捨てたと言う事は、スタジオで使われず、フィールドで使われる事を想定している様です。結果的に今回のデモで、fireface UCXの優位性を実証した様な結果になりました。
ADI2-Pro.jpg
 コンシュマー・ユースを想定した黒い機種は、日本国内で販売されません。

DSDは不便
 将来性と言っても、コンシュマーユースのDSDの場合です。今回のADI2 Proを用いてDSDをヘッドホンを用いて再生する場合、PCMに変換する事により、音量調整(ボリューム)が出来ます。DSDネイティブの場合、ボリュームが無効になり音量調節ができません。やはり、快適に聴くにはPCMに変換するしか無いようです。

今回のセミナーの印象
 この様なセミナーに主催者が慣れてないないのか、進行の上で以下の様な不手際が多々ありました。
 1.開始時間、集合時間がいい加減
 2.プレゼンツールのパワーポイントの操作が不慣れ
 3.録音機器の話が中心で、演奏者、竹富島、曲に纏わる紹介が無い
 4.Mick沢口さんの話が録音ソフトの話に終始していてつまらない
 5.再生音の比較の時にDSDの音量を意識的にアップさせていた