リレー式アッテネーター 改善 その11

IRリモコンデータのリクロック(フォーマットの立て直し)を行いました。
 IRフィルターで改善を行った結果、マルチCPU(台湾製のSTC15 seriesの LQFP)で、問題のロスト・インターラプトが皆無にならないので、手作りアンプのI氏により、IRリモコンのフォーマットの検証と建直しを行うPIC12F1501(16MHz)とソフトを用意していただきました。
XDSC02715.jpg

IRデータのリクロック
 IRリモコン(NECフォーマット)のIRデータを受信して、解析して正しいフォーマットのデータのみを、きれいなパルス列にして送出する機能のPICです。 その信号の出力は、IRセンサーと同等の38Khzに変調された出力を行います。これにより、ノイズ等により、壊れたデータの除去を行い、正しいフォーマットのデータのみ転送して、IRデータのクロックの揺らぎ、信号の減衰による誤動作を避ける事が出来ます。又、この装置(機能)は、1系統の入力で、複数の機械に並列で送信したりインピーダンスが高くて、信号線を延ばせないIRセンサーの出力ケーブルを延長する等、応用範囲が考えられます。

回路図とソフト
 回路図は以下の通りで、400ステップ程のソフトで構成されています。
NEC_IR_REPEATER.jpg

取り付け
 以下の様に、IR受信機と、本体制御部の間にリモコン、リクロック装置設置しました。データを受信した時、青いLEDが点灯します。右端の5Pコネクタは、ソフト更新用です。
DSC02713.jpg

改善状況
 ロスト・インターラプトによる、ステータスの不一致(ズレ)は、大幅に改善されました、しかし、未だ0.5%程(200回に1回)のエラーが生じます。それも特定のキーの組み合わせで生じます。具体的には、電源オン/オフ、ミュートオン/オフ、リセット機能を行った直後に生じて、通常の音量アップ/ダウンでは、皆無となりました。これらにより、IR受信機能の問題点が改善されたものの、STC15 seriesの LQFPのコントローラーに内在するソフトのバグがあり、それが最後の問題点として残った様です。ロスト・インターラプトを皆無に処理するのは至難の技で、Windows等は、頻繁にロスト・インターラプトを起こして、再入力で成り立っているシステムですから、それに比べれば、可愛いものです。

今後の進め方
 最終的に、試験と改善を行い、コントローラーのバグでまでは判明できましたが、当方としては直ぐに対処できません。従いまして、現在のマルチCPUの方式から、シングルCPUの制御方式に改める事にします。これによりチャンネル間のレベル調整に手間取りますが、アッテネータとしての機能は問題ないと思います。そして、このリレー式のアッテネータは、I氏設計の新バージョンが出来るまで、暫し繋ぎで利用することとします。