楽器を知ろう

 今日は、一般社団法人・日本音響家協会主催の「楽器を知ろう」が国立音楽大学で行われ参加してきました。今回のテーマは、ヴァイオリンです。講師は、もとNHK交響楽団第2バイオリン主席演奏者で、国立音楽大学教授の永峰高志さんを中心に、楽器の歴史、仕組み、録音方法を演奏を交えながら解説していただくセミナーです。
 特に、歴史的名器「ストラディバリウス」の特徴、他のバイオリンとの違いなど、演奏と簡易な録音により音響面からのアプローチで分析していただきました。

国立音楽大学の場所
 国立音楽大学は、昔は立川に在った記憶がありましたが、多摩アカデミックコンソーシアム(TAC)構想で、2000年(平成12年)に玉川上水に移転してきたのですね。玉川上水という駅が存在するのも今回のセミナーで知りました。確か国立は、国分寺駅と立川駅の間に駅が出来て、両駅名の先頭文字を組み合わせて、テキトーに国立という名称になったのです。そんな安易な名前を学校名にして良いのでしょうか?
IMG_0074.jpg
玉川上水駅の駅前はお墓と駐車場です、これと言った店舗はありません。

ヴァイオリンのカットモデル
 製作途上の部品とカットモデルで楽器の歴史と構造について教えていただきました。
IMG_0091.jpg

マイク設置方法からの音の相違
 ストラディバリウスの演奏を8個所に渡りマイクロフォンを設置して、日本製のヴァイオリンも併せて演奏して、その音の違いを知りました。
 ヴァイオリンを録音する場合、右上部から録音するのが定番ですが、実際に比較して、そのとおりの結果が得られました。そして、ストラディバリウスの場合マイクの位置により音色が異なる量が、他のヴァイオリンに比べて少ないのが特徴ですね。定量的な側面での掘り下げが浅いと感じました。特に計測の機材が中途半端(プアー)で、少なくとも20khz以上の録音が出来るアースワーク等のマイクロフォンで差異を見たかったです。途中でチャンネルをマージして位相を調べましたが、それにはマイクの設定がラフで、正しい評価が困難であった様です。

楽器の場所による音の相違
 ヴァイオリンの5個所に直接振動を拾うマイクロフォンを取り付けて、楽器による違いを知りました。ストラディバリウスは、倍音が豊かで有る事が解りました。又、スペクトラムを見ると、耳に刺激的な中高音の倍音が少々少なく、楽器の裏面の倍音が豊かで有る事が特徴です。この分析は、音響用マイクロフォンの音より別の振動系の分析も併せて行って欲しかったです。

最後に
 永峰高志さんを中心に、国立音楽大学の学生7名によるビバルディーを聴きました。永峰高志さんの演奏とヴァイオリンの音は、とても素晴らしかったです。
IMG_0097.jpg

それから、ヴァイオリンの構造の話も良かったですが、日本音響家協会の音響面からの説明に誤りがあり、掘り下げが浅く、更なる研究を期待したいところです。
 とても充実した貴重な一日でした。