ネットワークプレーヤーを入手しました

ネットワークプレーヤー 
 なるべくパソコンの操作から離れて、音楽を楽しむ事に拘っています。
 そこで、廉価なネットワーク・プレーヤーをレンダラーとして、パソコンを音源のサーバーとしてDLNAでストリーミングを行う実験を行いました。すでにラスパイ(raspberry pi)をMPD(Music Player Daemon)のVolumioと組み合わせて、その操作性と音質の良さは理解しています。

購入したプレーヤー
 入手したネットワーク・プレーヤーは、新鋭のオーディオメーカーで、卵形のスピーカーと小型のアンプ、プレーヤーで、オーディオ雑誌の「ベストバイ」、「グッドデザインアワード」、「VGB」を居並ぶオーディオ機器の中で総なめに受賞している例の機種です。

早速開腹
 開腹する前に正面の写真を掲載する予定でしたが、今回は諸事情で止めておきます。そこで、最初に目に入ったのが、基板(PCB)の美しさです。基板は手垢だらけで、製造者の指紋がはっきりと解ります。通常は、基板に電子部品を自動的にハンダ付けするリフロー作業のあと、アルコール等で洗浄してフラックスを取るのですが、洗浄しないでそのままです。
DSC02428.jpg

ジャンパー線
 電源回路母線のパターンで太さの設計誤り、後からオレンジのジャンパーケーブルで補強しています。それも ハンダ付けが下手なうえ、加熱で被服が痛む程の品質の悪いケーブルで処置しています。製品として市場に出す場合は、修正を施した基盤で行なうプロ意識であって欲しいですね。
DSC02419.jpg

ケミコンジャブジャブ
 ケースの収容容量の都合から、ラジアル型のケミコンをゴロゴロと固定しないで配置してます。本来は、アキシャル型のケミコンを二点て止めるのがスマートと言うかプロバーな方法だと思います。筐体を揺するとケミコンが基盤にあたるカタカタ音がします。
 これは美しくないです。
DSC02420.jpg

肝心な音は
 廉価なCDプレーヤーと同じですね。TI社のサンプリングレートコンバーター(SRC43921)で44.kbpsから96Kbps、又は、192kbpsにシフトすると、エッジが立って高音にメリハリの有る音に変貌します。聴いていてとても疲れます。DLNAというのはただのガイドラインでDLNA自体は通信プロトコルではなく、デジタルのビットパーフェクトは保証されています。それにも係わらず音が変わるのは、プレーヤーのファーム出来如何、ノイズ対策で変化する因子が大きいようです。
 システムが複雑になればなる程音が、良くなるということではなく変化します。
DSC02425.jpg

UPnP Server
 Asset UPnP ServerとUniversal UPnP Serverを用い、このネットワーク・プレーヤーをレンダラーとしましたが、霞が掛かった様な感じで、高音が不自然に強調された音です。それから、dBpowerampのCD Ripperで作製した音源にもかかわらず、Asset UPnP Serverでインデックス作成中に無応答となるプログラムエラーが生じて解決策が不明な為、Asset UPnP Serverの使用を中止しました。他のサーバーを求める方法も考えられるのですが、ネットワーク・プレーヤーの音の悪さからこれ以上のお付き合いは、辞める事にしました。

操作性
 純正の制御ソフトは、操作を行っていて、夢が無いです。「普通のCDプレーヤーに近い操作で・・・」とありますが、これは作る側の論理で、ネットワーク・プレーヤーを購入した側のニーズでは無く、全くフォーカスが一致していません。最大の問題はレスポンスが遅いです。インテルのCPUパワーを活かしたパソコンのレンダラーと、比べるべくも無く玉砕状態です。

変なデザイン・フィロソフィー
 このプレーヤーの設計で不思議な事として、アナログ回路が無いのに、要求電源が16Vなのです、フルデジタルですからDC5V有れば充分だと思うのですが、関連全機種のACアダプターの統一でしょうか?、解りません・・・デジタルICは、5V、3.3V、1.8Vのクリーンな電源が有れば良い筈です。

結論
 この手のプレーヤーは、パソコンを知らなくても、そこそこの音で安直に楽しめる装置です、これで操作性が劣悪なのは、ハッキリ言って駄目です。機能、速度、拡張性を考えると、嫌いなリヌックスベースのラズパイラズパイにMPDを搭載した方が遥かに優れています。このプレーヤーシステムは、ハードソフトともにベータ版の様です。