foobar2000のチャンデバソフトの入れ替え

 久し振りにメインシステムのチャンネル・デバイダー(チャンデバ)を入れ替えてみました。
 現在、友人である目白在住のMinnさんが作られた、「channeldivierF3B Ver0.64」を安定して利用していました。特に不満も無く、必要とする機能もコンパクトに纏まっておりとても使いやすいfoobar2000のプラグインソフトです。それを、University of York, Computer Science DeptのTony Fisher氏が作製した、「foo_dsp_xover」を用いる事にしました。

チャンデバソフトの機能の違い 
channeldivierF3B Ver0.64とfoo_dsp_xoverの大きな相違点は、以下のとおりですが、肝心なフィルターは、FIRでは無く、IIRの様です。

 1.遮蔽特性を、Bessel、Butterworth、Chebychevから選択が出来る。
 2.遮蔽のカーブを1次から10次(6dBから60dB/Oct.)の選択が出来る。 
 3.Chebychevの場合Rippleの強さの調整が可能。
 4.出力チャンネルのマッピングが解り易い。
 5.ソフトからの出力ゲイン指定が可能。
 6.最大4Wayまで指定が可能。
 7、極性をチャンネル毎にソフトで変更可能

画面の構成
XChebychev.jpg

肝心な音
 動作する事はするのですが、一寸、霞が掛かった様な感じで抜けが良くないと思います。
 omnimicで測定すると、FIRのchanneldivierF3B Ver0.64と比べて、IIRのfoo_dsp_xoverは位相の回転が激しく、タイムアライメントも正確に把握しづらいです。IIRのフィルターは、音場感には優れていますが、音の立ち上がり(過渡特性)はFIRのフィルターにはかなわないようです。

今後の予定
 早速、IIRフィルターからFIRフィルターに戻すことにしました。