DACとワードクロックの関係

 昨年、ノイズ対策中にネットワーク・オーディオの要であるDACを交換しました。従前のRME Fireface UCから、同社のUCXに交換(アップグレード)したのですが、その時には、気づかなかった事として、内部のSteady Clockと外部のワードクロックで、音質の差が、かなり有ることに気が付きました。ノイズ対策を行う前は、その差は僅かでしたが、ノイズ対策によりクロックの確度の差が、顕著に音質面に現れてきました。

RME Fireface UCX
フロントパネルWCが点灯して、ワードクロックの供給とロックを表します。
W_CLOCK.jpg

クロックの見なし
 デジタル音源の要であるクロックを、以下のフローの様にコンディショナル・リサンプリングを行います。
W_Clk.jpg
 基本的には、CD音源が大半なので、ルビジウムのワードクロックを176.4kHz(4逓倍)に統一します。CDの場合は、44.1kHzから2逓倍の88.2kHzとして、88.2kHz、176.4kHzのSACD系は、リサンプリングせずにそのまま再生します。48kHz,96kHz、192kHzは、176.4kHzにリサンプリングする仕組みです。あいにく48kHz系のダウンロードして購入したハイレゾ音源が不利になりますが、正直、ハイレゾの殆どが、高音質でありながら、良い演奏が少ないので、CD系を優先しています。48kHz系に傾注して聞く場合は、ルビジウムのワードクロックを192kHz(4逓倍)に切り替えて、音源はリサンプリングしないで、再生します。

クロックの違いによる音の差
 DAC内部のSteadyClockをベースに再生すると、言葉で表現が難しいですが、簡単に言うと、「つまらない音」です。それと較べて、クロックをルビジウムのワードクロックにすると、不思議な事に音場感が豊かで、艶やかになります。特に前後関係の音場感が豊かになり聴いていて、とても楽しいです。何故、このように為るか不思議ですが、ノイズ対策前は、この様な現象をそれ程に感じませんでした。一時、ルビジウム・クロックの使用中止を考えましたが、残して置いて良かったと思いました。

ワードクロックと内部クロック
 RMEのサイトでは、SteadyClock(ステディークロック)の優位性を図柄入で力説しています。確かに他の業務用DACに較べて優れています。それでもルビジウム・クロックの方が優れているのか不明です。
 分周により得られるワードクロックと内部クロックでは、かなりのハンディーがあって、用途が異なります。クロックの電源品質、クロックの立ち上がり波形、中心周波数近傍のスプリアス等、ディープな部分でよく解りません。取り敢えず音が良かったので、現時点では結果良しとします。

SteadyClock™
https://synthax.jp/steadyclock.html

LUMIN AppがiPad Pro 12.9インチにネイティブ対応

 LUMIN AppがiPad Pro 12.9インチにネイティブに対応しました。今までiPad Pro 12.9を用いて、LINN Kazoo、MonkeyMote、LUMINを使っても、10.5インチの画面が2割程拡大表示されるのみで、12.9インチの優位性が生かされていませんでした。しかし、ipadが64ビットiOSに更新された事に合わせで、LUMINが大幅に改善されて、ネイティブに12.9インチに対応して、かつ処理速度も大幅に向上しました。今までは、単に拡大で、それはそれで、眼には優しく良かったのですが、大幅に情報量が増えて、1画面:128アルバム(16カラム×8ロウ)の表示が可能で、スクロールすると、目にも止まらない速度で表示する事が可能になりました。しかし、よい事ばかりでは無く、膨大な機能の整合性が取れてない事と、機能の膨大さから内在するバグが消え切れてない点など、更なるブラシュアップが必要と思えます。その開発費用はどの様に捻出されて、サポートが永続されるのかロードマップが見えません。ソフトを有償化にしてでも良いから、迅速なサポートを期待したいです。

新RUMIN(Ver.6.1.0)の画面
プレーリストとアルバムアートを同時に表示
XDSC04925.jpg

アルバムアートの全画面表示
DSC04923.jpg

LINN Kazoo
Kazooの場合、プレーリストを表示するために、画面の半分が潰れます。又、必要以上にアルバムアートが大きいです。
DSC04927.jpg

オーディオの最終着地点のひとつ
 ビンテージの真空管アンプ、LPプレーヤー、大型スピーカーを用いてオーディオを楽しむのも良いですが、私としては、ソファーでくつろぎながら、膨大な音楽ソースから、タブレット端末で、その時の気分で再生する音楽を指示して楽しむのが好きです。その仕組みの為に、音質が多少悪くなっても、構わないと思っています。

ネットワーク・オーディオ
 ネットワーク・オーディオとは、選曲と再生のデマンドを有線、無線に拘わらずネットワーク越しで行うことであり、プレーヤー、音源のNAS、サーバーが、LANで繋がっていると言う事では無いと思います。まして、パソコンを複数台、ノイズ対策の為に機能別に分離して、LAN経由でタンデムに繋いで、動作させる事は、ネットワーク・オーディオとしては、未完成そのものと思えます。理想を言えば、なるべく少ないコンポーネンツを用い、シンプルにストレス無しに安定稼動するのが、最終目標と言えます。ネットワーク・オーディオは、レガシーなオーディオに比べて遥かに複雑です。複雑な故に利便性と音質はトレードオフの関係にあり、要は何処で妥協するかと言う事だと思います。

オーディオの楽しさ
 LPレコードの再生を行う場合、何段階もの儀式があり、ターンテーブルの清掃、レコード面の埃の除去、カートリッジの交換など、手間が掛かります。その楽しさを知っており、否定はしませんが、ターンキィ・システムのネットワーク・オーディオの素晴らしさを知ってしまうと、一寸、今更、レガシーなオーディオには戻れません。所詮、総て、与えられた条件での妥協の結果ですから・・・

JPLAY三台構成のPCオーディオを聴いてきました。

 最近コアなPCオーディオのソフトとして、JPLAYというソフトを聴かせていただく機会に恵まれました。今まで、雨後の竹の子の如く現れては、消えていったプレーヤーソフトが多々ありますが、JPLAYは比較的長い期間消えずにいます。現役で正しく進化しているソフトとして、Microsoft Windows Media Player、Apple iTunes,、Foobar2000、JRiver Media Centerが生き残っており、マイナーなソフトを探せば、バクヘッド何とか、Hi何とか等がありますが、殆どが終息に向かっています。その終息を加速したソフトの一つとしてJPLAYが有ります。

PCオーディオの特徴
 PCオーディオは周到なるノイズ対策に尽きると思います。最近の電子機器は、12V,5V,3.3V,1.8V等の複数の電源を必要として、その生成の殆どがDCDCコンバーター(スイッチング電源)で生成しています。効率の都合上その変換の際に生ずるEMI(Electro Magnetic Interference)から音楽信号を如何に隔離・保護とその除去を行か課題となります。
 
JPLAYは
 パソコンの機能を音楽再生に特化して、サウンドボードをレンダリングする専用PC(Audio PC)を設けて、そのパソコンはノイズ対策を徹底的に行い、そのパソコンをLANケーブルでアイソレートして制御と音源を送り込むパソコンを設けるものです。エキセントリックに機能を分離していくと、control PC、audio PC、Server PCという専用パソコンを設けることになるシステムです。

試聴したシステム
以下が、今回聴かせていただきました、PC群です.
tripl.jpg

試聴したパソコンの姿です
 右の黒い三台がJPLAYのパソコン群で、その手前が、12Vと18Vのリニア電源でAudio PC用です。このリニア電源から(PicoPSUスイッチング電源)でATX電源を生成しています。この三台のパソコンでオーディオの最上流であるプレーヤーを構成します。PicoPSUは95%の変換効率優先のデコデコで、スイッチング汎用のICが搭載されており、その発振周波数は300kHz(PWM制御方式)で、ノイズ対策が結構難しいです。
DSC04822.jpg
パソコンの写真といっても何か特別に変わっている訳でも無く、極普通のしょうもない写真です。

肝心な音
 バランスの良い素晴らしい音です。その要因がJPLAYのソフトによるものか、徹底的なノイズ対策によるものか、はたまた、下流システムの高い完成度に寄るものか、正直言って解りませんでした。INTONA(アイソレータ)の有無の差も余り無かった様です。ハイエンド・パソコン三台、周辺機器、設置スペース等の投資額と、Linn等のネットワーク・プレーヤーと比較して、どの様に違うのか興趣は尽きません。

消音パソコンをipadで快適操作

 ミュージックソースもCDの量に応じて増えてきます。その中からその時の気分に合わせて選曲して、再生を行う場合、CD棚から数枚取り出して、CDプレーヤー等に掛けるのが今まででの方法でした。しかし、PCオーディオによりその儀式が激変して、聞く場所に居ながらして、数万曲の中から「アラジンのランプ」の如くipadを擦り演奏(再生のデマンド)を行う事が可能になりました。個人的にはアナログのオーディオの方が音質面でベストであり、PCオーディオは、投資額との妥協の産物だと思っています。しかし、選曲を行うためのパソコンのパワーは、別次元のソリューションであり、その利益を最大限に活かさない手は無いと思います。

音楽プレーヤーLUMINでの操作例
DSC04818.jpg

Software hierarchy
ZSoft.jpg

ipadで快適操作環境
 foobar2000 を UPnP/DLNA Server として建てて、Linn Kazoo、又はLUMINをコントロールポイントとして、Wifi環境で、foobar2000 を UPnP/DLNA サーバーとUPnP/DLNA Rendererとして音楽を再生します。そして、foobar2000をOpenHomeに対応すべくBubbleUPnP Serveを平行に建てて対応します。

OpenHome
http://openhome.org/

JAVA VMの導入
 Java virtual machineの最新サブセットが必要です。Oracleのサイトから、JAVA スード(shudo)マシン機能を追加します。
https://docs.oracle.com/javase/8/docs/technotes/guides/vm/index.html

BubbleUPnP Server の導入
BubbleUPnP Serverの開発サイトからダウンロードして、設定しますが、途中で上記のJAVA VMの導入が促されます。設定は極めて簡単です。

そして動作
 今まで使っていた、Monkeymortに併せて、Linn Kazoo、Luminを動作してみました。その動画を以下から見ることが出来ます。どれも速度が速く、最新のipad Proでは、画面のリフレッシュレートが、30fpsから60fpsに改善された故に表示も滑らかで、実用的です。この仕組みが、只で構築(導入しただけ)出来るとは、とても幸せです。

MonkeyMote for foobar2000 HD
https://www.youtube.com/watch?v=BCbEgkFLl3w&feature=em-upload_owner

Linn Kazoo
https://www.youtube.com/watch?v=c1L7tPVHuAY&feature=em-upload_owner

LUMIN
https://youtu.be/uGlHSmjcKIQ

Linn KINSKY
 ipadでアルバムアートをグリッド状に表示する機能が無く、動作が緩慢なので除外しました。

肝心な音
 音の良さは、MonkeyMote for foobar2000 HDがベストです、但し、UPnP/DLNAサーバー環境を停止して、プラグインをインヒビットする事が条件です。他のプレーヤーの評価はこれから行う予定です。OpenHome化は、機能が複雑多義で冗長度が高く、音質面でかなり不利な様です。又、MonkeyMote for foobar2000 HDは、foobar2000との連携が密で、リッピングしたデータを取り込む毎に、オルタネート・インデックスのリビルドが無く、リッピングした音源が即座にインデックス(作曲家、ジャンル、年代)に反映される等、リレーショナルが優れています。その点では、LINNのKinsky、Kazooは、機能面で遅れをとっています。

ミュージックソースのデータベース

 PCオーディオの場合LPの時代と異なり、リッピングしたミュージックソースのデータベースを、プレーヤー、作曲家、音楽分野で横断的に検索ができて、デジタル化本来の最大のメリットが享受されます。若い頃は、書棚の本の様にCD、LPを棚に並べて、日増しに増えて埋まって行くのが楽しみでしたが、最近はコレクションに対する興味と意欲が薄らいで、身軽でシンプルな生活を目指しています。そして横着なもので、如何に聴きたい選曲を素早く出来るかが大切だと思っています。悲しいかな、数十万円した平凡社の百科事典と文学全集を粗大塵で処分して、貴重なスペース確保が出来たので、そこにユーティリティーのパソコンを設置する事にしました。視力と根気が無くなり、小さな文字を追うのが辛い今日この頃です。

データベースのハイアラキー
 CDをリッピングして、ミュージックソースのデータベースを構築する場合、事前の周到なる準備が大切です。以下の事柄を決めない内にリッピングを行うと、必ず失敗して、長時間要した作業のやり直しになります。
Music_DB.jpg

事前に決めて置く事柄
 1.ミュージックソースのフォーマットを何にするか
 2.データベースのプライマリーキィーを如何するか
 3.補助キィー(オルタネート・インデックス)として何を選び整理するか
 4.アルバム・アートの取得方法と保存方法を決める
 5.CDキャプチャーとタグの保守ソフトに何を選ぶか

データベースの規模
 データベースの規模を知らないと保守の方法が決められません。以下の様にルートホルダーのプロパティーを見て、フォルダー数(CDの枚数)とファイル数(曲数)を調べて、その規模に合った装置(媒体)の選定が必要です。
ATR.jpg

データベースの保守
 気持ちよく使うのであれば、定期的(新たなCDをキャプチャーした時)に、決めに沿って、インデックスの保守が必要です。
 レコード会社によりCDのタグが統一されて無く、手作業での修正が必要です。JPOS、ジャズ等は比較的、綺麗に統一されていますが、クラシックで、日本のメジャーレーベル(V社、D社、K社))、とP社の廉価版は、全く出鱈目で、アルバム名に指揮者名、作曲者が空白の事は多々あります。この不規則なデータをツールを使って統一が必要です。

バックアップの取得
 CDをキャプチャーした後、CDをダンボール箱詰めして納戸に格納したため、ファイルを失った場合、再キャプチャーが大変です。データを失った場合精神的なショックは計り知れません。そこで、定期的なバックアップをハードディスクに3世代に渡り管理するようにしました。

フォーマットの考察
 保管する場合のフォーマットは、PCM(WAV)、FLAC、ALACの何れかの方法が良いと思います。PCMでもタグの管理ができますが、再生ソフト、プレーヤーにより、エラーとなる場合があります。 対処方法としては、極めて簡単で、foobar2000等のデファクトスタンダードのソフトでフォーマット変換を行うと解決します。スペースが許される場合は、PCMでも良いと思いますが、ファイルが大きい事と、タグの問題回避からロスレスのFLAC、ALACが良いと思います。但しフォーマット変換を行うと、タグを失う事が多々ありますので、アルバムアートはタグに埋め込むのと併せて、同一フォルダーにJPGでアルバムアート写真を保管することが必要です。

データベース化のメリット
 データベース(アルバムアート付き)で管理することにより、ミュージックソースを幅広く均等に見渡すことが出来ます。これにより音楽の趣向(ジャンル等)が偏らず、素晴らしいオーディオ生活を楽しむ事が出来ます。「音質を追求して、限られたWAVの曲をリファレンスで尖がって聴く」か、「音質はそこそこ良くリラックスして音楽を聴く」かについては、後者を選びました。