弦薔薇が咲きました

 パリ在住の妹の家から持ち帰った弦薔薇が咲きました。
DSC01632.jpg
 五月の中旬にうどん粉病に罹り、重曹水を掛けたら、濃度が高すぎたのか、
分部的に枯れてしまいました。
 しかし元気に花を咲かせてくれて良かったです。
 花は、日本に拉致されて、こんなに汚いところでも頑張って咲いています。
 
 ※動植物を日本国内に持ってくるには、検疫が必要です。
  植物検疫の詳細はここ

今年最初の薔薇が咲きました

気持ちのいい日が続いています。
DSC01370.jpg
© 2016 grigri

 薔薇が咲くと「五月の薔薇」という歌を思い出します。
 フレンチレース(French Lace)という名前で、フロリバンダ系(Floribunda)です。産地は米国で、作者は William A. Warrinerという方です。

梅雨の晴れ間に蔓薔薇の手入れを行いました。

 三年程前にパリ郊外フォンテーヌブロー(Fontainebleau)近くのソー (Rivière, Sceaux-du-Gâtinais)にある妹の別荘から東京に持ち帰った蔓薔薇が自宅の庭に定着して、待ちに待った花が咲きました。
XS蔓バラ2
© 2015 Mari S.
 親の蔓薔薇です。

 壁を登る成長を期待したのですが、残念ながら、裏庭に抜ける入り口で絡まっていました。そこで、アーチを購入して、ローズポンポン(roses pompons)が、それに絡まって成長する様にしました。
 薮蚊に刺されながら、汗だくでグレーのアーチを組み立てました。

478C6111.jpg

 これにより、裏庭に行くのに蔓薔薇が邪魔にならないのと、何時かは、美しい薔薇のトンネルになることが期待できます。
 花は可愛らしいのですが、アブラムシが沢山着くので、台所用の洗剤を薄めたものをスプレーします。スミチオンの様な強い薬は避けたほうが良いようです。

2011-05-14_07-34-52.jpg
© 2015 grigri
 毎年五月の中旬になると、駐車場の横の薔薇が、咲き誇ります。
 名称は、「フレンチリース」と言う名前で、白ではなく微妙な人肌の色です。
 この薔薇が咲くと、「五月の薔薇」という歌を思い出します。多くの歌手がカバーしていて、なかなかの曲です。