アルバム発表会に行ってきました。

 今日は、3月21日(春分の日)アルバム・リリースの事前プレス向けの発表会に行ってきました。場所は、六本木に近い東京赤坂6丁目のシンタックスジャパンの東京オフィスです。レコード会社、音楽出版関係の方々がいらしてました。

今回のリリースアルバム
わたしが一番きれいだった時:When I was Young and so beautiful
というタイトルで、一言で表すとしたら「文学的音楽」・・・「音楽的文学」です。文字が無い頃から存在していた「詩」は、まさしく 声 であり うた でした。そして、このアルバムは、OTTAVA Recordsから、MQAのCD、e-onkyoからはハイレゾで販売される予定です。

アルバム・アート
When-I-wasYoung-and-so-beautiful.jpg

インタビューを受ける三枝伸太郎(Shintaro Mitsueda)さん
DSC05285.jpg

レコーディング
 アルバムのレコーディングは、2017年10月5,6日に三鷹市芸術文化センター 風のホールで行われ、録音、ミックス、編集、マスタリングの総てを、Mick Sawaguchi氏(沢口音楽工房)で行われました。
_DSC4475.jpg

演奏
 三枝伸太郎(Shintaro Mitsueda) ピアノ
 小田朋美(Tomomi Oda)ヴォーカル
 関口将史(Masashi Sekiguchi)チェロ
_DSC4696.jpg

曲目
kyoku.jpg

帰り道に
 折角、赤坂に来たので、一寸散歩しました。近くに、緑の杜が生い茂る氷川神社が有り、其の木陰から六本木ヒルズが見えます。今日は、天候が優れず、鉛色の空にビルが聳え立ち、一寸寂しい風景です。

赤坂 氷川神社
DSC05284.jpg

鉛色の空の六本木
DSC05287.jpg

ウェーブ・パーフェクト・オーディオ

 今日は、神田駿河台で、「ウェーブ・パーフェクト・オーディオ体験会」に参加してきました。駿河台といっても、御茶ノ水のアテネフランセの近くの男坂の隣のエスパス・ビブリオと言う、多目的小ホールで行われました。久々に御茶ノ水界隈を訪れると、学生時代を思い出ました。今は無き日仏会館、テント式のビアホールのコペンハーゲン跡を尋ねましたが既に跡形もありません。しかし、今でも男坂、女坂はあり、学生街の喫茶店のモデルになった、レモン(浜田病院交差点突き当たり)は変わりありません。西村伊作によって創設され文化学院は、玄関のアーチ部分のみ残して、既にビルの一部として保存されています。オーディオのイベントも良いですが、改めて、御茶ノ水界隈の散策に訪れたいです。

アテネフランセ
池袋西口のロサ会館と同じ色です。日仏会館と、ここにフランス語の勉強で来ましたが、フランス語はさっぱりでしたが、女性の友人が沢山できました。
DSC04906.jpg

男坂
この坂の右手に女坂があり、水道橋方面に下ります。こんな坂の途中に住んでみたいです。
DSC04912.jpg

レモン
ガロの学生街の喫茶店のモデルです。駅前繁華街の喫茶店「丘」という誤った説があります。御茶ノ水には雰囲気の良い喫茶店が沢山あり、長い時間を過ごしました。
remon.jpg

ウェーブ・パーフェクト
 ウェーブ・パーフェクトとは、スピーカーから出力される音声信号が、如何に音源のデータに近いかを問うために、スピーカーの音を測定用のマイクで拾い、AD変換後に音源のデジタルデータと比較して、その類似(相似)度合いを定量的に測る物です。それにより、スピーカーの良し悪しの判断基準とする考え方です。

比較のシステム
 以下の写真の様に異形のスピーカーが、ウェーブ・パーフェクトを追求したものです。その隣のB&W805Dは比較されるスピーカーです。スピーカードライバーは、三菱ダイアトーンSA1000で、カーオーディオ用のスピーカーです。異形のキャビネットを包んでいるシートは、アルカンターラというベッチンの様な布です。アンプはアイスパワーアンプとデノン製のPMA-50で、双方ともPWMのデジタルアンプです。そして再生ソフトはJRiverだそうです。単一のシステムで、スピーカーを瞬時に切り替えて比較しないと、目的が解らなくなるリスクが有ります。
DSC04914.jpg

肝心な音
 異形スピーカーの音は鋭く、聴いていて疲れます、恐らく測定数値は優れているのでしょう。それと比べて、B&W805Dのクロスオーバー付近の中域は、一寸歪っぽい音がします。しかし、安定感がありソノリティーが高く、ボーカルが前面に出て、聴かせ方がとても上手です。聴いていて音楽そのものを楽しめます。

評価について
 今回の様な体験会は、極めてリスキーだと思います。趣旨を理解しないで参加して、この体験会に相応しくない質問がなされ、間違った評価が行われる恐れがあります。又、オーディオに対する思いは、人それぞれなので、それを一義的に比較するのは危険と思えます。ふと思ったのですが、尖がったマルチアンプのシステムではなく、サブシステムとして、お茶漬け「サラサラ」の様に、LCのパッシブ・ネットワームで、良く出来たB&W805Dの様なスピーカーを用い、アンプ、CDP等を色々なバリエーションで交換して各機器の個性を楽しむのも有りかなと思いました。

後で解った事
 DENON PMA-50のDDFA(PWM)は、Hypex社 UcDの特許であるアナログフィードバックによる方法を回避しながら無理して特性を出すためにデジタル領域でフィルタの外側からNFB処理を行い、事実上、測定値と聴感ともにHypex(Ucd)に遥かに及ばない様です。

新譜プレス発表会に行ってきました

昨日(6月20日)は、東京赤坂にあるシンタックスジャパンで発表会を行われRME Premium Recordingsのプレス発表会に行ってきました。シンタックスジャパンはRMEの日本の現法です。今回は南北線の六本木一丁目から、レンタル・サイクル(電動アシスト)で楽しみながらエクスカーションにお邪魔しました。

港区自転車シェアリング(BE FREE Tokyo)
 六本木ヒルズに近い地下鉄の出口にあります。150円/30分、又は、2,000円/一ヶ月ですが、短期間は結構高いですね。
 詳細はここ
XIMG_0144.jpg

今回の新譜リリース 情報
『Contigo en La Distancia』~遠く離れていても~  喜多直毅 x 田中信正
 初めて聞いた時に感じる不協和音(ザラツキ感)が、ヴァイオリンでは無く、和楽器それも尺八、琵琶の様な音がして、聴いている自分の鼓動が早まっているのに気が付きます。聴いていて「死」を感じる不思議なバイオリンの音色。RME Premium Recordings の11 作目となるアルバムは、そんな不思議な力を持った作品です。その(ザラツキ感)の正体は、ガット弦で羊や牛の腸を使っており、古来あらゆる弦楽器の弦として広く使われてきたものですが、温度や湿度の影響を受けやすく伸びやすいため、時間の経過とともに変化して、チューニングが難しく、弦自体の寿命も短いので、次第にスチール弦やナイロン弦に置き換わり、現代のクラシック音楽では余り使用されることがなくなりました。しかし、独特のあたたかみと肉声のような絶妙なハスキー・トーンが、得も言われぬ表現力を与え聴くものを魅了します。
 魂のヴァイオリニスト 喜多直毅と、比類なきピアニスト 田中信正が奏でる、ラテンアメリカ珠玉の名曲集。 ピアソラ、ジョビンを始め、ブラジル、アルゼンチン、キューバ、メキシコの新世界クラッシックが、現代のクラシック音楽ではあまり使用されないガット弦による独特なヴァイオリンの音色を楽しむ事が出来ます。

ヴァイオリニスト 喜多直毅さん
 演奏者の喜多直毅さんと、ピアノ調律師の三ケ田美智子さんのお二方で、ピアノとピアニスト 田中信正さん、ガット弦のヴァイオリンについてのコアな話をしていただきました。今回使用したピアノは、敢えてニューヨークスタインウェイーを選んだとのことです。それは、ドイツのスタインウェイーに比べて、肉声、ヴァイオリンとの組み合わせに良く合うとの事です。
IMG_0150.jpg
 左が調律師の三ヶ田美智子さん、右がバイオリニスト喜多直毅さんです。三ヶ田さんは調律師の枠を超えて、音楽に係わる様々な方々の出会いを実現される方です。
喜多直毅さんの公式サイトは、ここ

音楽を口三味線で表すと
 摺動音、打音、炸裂音と言った感じで、琵琶の音が近いと思います。
XIMG_0164.jpg

録音
 録音は、昨年の11月29日から30日に三鷹芸術文化センターで行われて、Mick Sawaguchi氏が担当されました。
 ワンポイントステレオマイクで行われ、音場感をキャプチャーするた為にサンケンのCO-100K( 20Hz~100kHzの広帯域収音)を離れた場所に用いています。小音量の時は、綺麗なプレゼンスを感じますが、フォルテシシモになると、ヴァイオリンとピアノが交じり合い分離が悪くなり音場がコンパクトになった錯覚を起こします。又、鮮烈なヴァイオリンの音にピアノが負けてしまい、被った音で、一寸残念です。各マイク毎に録音のチャンネルを割り当て、マイク間のタイムアライメントの調整を不要としていますので、マスタリングで改善可能かと思います。

Mick沢口さん
IMG_0167.jpg

2017年夏お寺大会

 手作りアンプの会主催の2017年夏お寺大会が、6月17日(土)17時から開催されました。「B電源にスイッチング電源を使用した真空管アンプ大会」に、作製した6AB8プシュプルのアンプを出品しました。今回は出品者が20人と多く、一人辺り割当時間が5分程度です。この5分間に真空管アンプの持ち込み、セティングから音出しのチェック、アンプの説明、音出し、撤収を行います。5分とは半導体アンプでも少ないのに、フィラメントを熱して音がでる真空管アンプの場合は、限界で一発勝負です。フォミュラー1のピットインの様で、前のアンプの撤収が終わる前に、次のアンプが運び込まれます。同日ルマン24の決勝が行われていましたが、さながら田舎の収穫祭といったところです。
0020.jpg

結果
 音の良し悪しとか、再生する音源の良し悪し等関係なく、音が出るか否かが最大の問題です。20人の内、聴くに耐えられる音のアンプは、3~4台で、他は球のウオームアップ不足で、バズ音が聴こえたり、歪んだりで製作者が気の毒です。最近には珍しくベテランの作成した音の出ない6BM8SEアンプもありました。やはり、直熱管の場合ウオームアップが短時間で完了するのでかなり有利です。私のアンプは ハッキリ言って産廃同様で、玉砕状態でした。

スイッチングB電源の難しさ
 ノイズ対策が非常に難しいことと、フィラメントが充分に温まる前に音が出始めることで、折角よく出来たアンプの本領が発揮出来ないまま終了となり残念です。

今後の課題
 この様な、バタバタと忙しない発表会は、如何なものかと思います。運営方法は今後改善されるべきであり、今後この様な流れが続くと、出品者はそれなりのアンプを出品するか、出品数が減少すると思います。
まあ〜、年二回お寺で行うお祭りなので、阿波踊り同様に出品して楽しむ事に意義有りですね。

兵どもの夢の跡
 深夜に渡り催されるので、帰宅しないでお寺に泊まる方が大勢いらっしゃいます。そして翌朝は朝カレーをいただいて、解散です。とても楽しい二日間でした。
X2020.jpg
若き日の合宿の昼食を思い出します。

PARCサウンド鑑賞会 第7回目

 今年のPARCサウンド鑑賞会は第7回目となり、本日5/27(土)に開催されました。PARC製ユニットを使った自作スピーカーシステムを持ち込んで、鳴らしてみんなで楽しむPARCファンの集いです。コンテストでも無く、自由な発想の基に一人20分の持ち時間でスピーカー作成の成果を楽しく発表するのが主旨です。今回は9人によるスピーカーシステムの発表が行われました。
その詳細はここです。

出品作品
 スピーカーの出品の詳細は、別のサイトからの発表を、待つこととします。

冨宅代表の話
 ドリームクリエーション(PARC)の冨宅代表による、ソニー在職中に設計開発の旗振りをされていた、業務用ホーンドラーバーSUP-T11や対抗機種であるTADのTD4001ドライバーを聴き比べました。聞き比べは、ホーンを外してドライーバーの素の音で行われて、振動系の材質、構造の違いが、どの様に音質に影響をもたらすのか等、専門家当事者でしか知り得無いディープな話が聴けました。又、ドライバーとホーン(ベル)との関係、歪等、貴重なお話とQ&Aが行われました。
DSC02846.jpg
測定結果を基に考察と、音質の関係を説明されているところです。

Iridium17さんによるシミュレーション
それから、『自作スピーカー 測定・Xover設計マスターブック』の著者である、Iridium17さんによる、パッシブ・ネットワークのSpeaker workshopによるリアルタイム・シミュレーションが行われました。スピーカーの長岡式ヤッツケ工法ではなく、ARTAの測定データから音響工学に基づく正攻法の設計説明が行われました。
DSC02834.jpg