糖質ゼロ・カロリーゼロのコーラって本当にゼロなの?

DSC05516.jpg

 糖質ゼロ、カロリーゼロの飲み物が有りますが、本当にゼロなのでしょうか?、体に疾患があり、糖質、カロリー、脂質を抑えたい、しかし夏場は、皆と美味しく飲みたいと思いますよね、しかし、厳密に言うと、糖質も、カロリーも有るのです。

その実態は
 簡潔明瞭に言いますと、100mlあたり±0.5㌘未満の糖質は、ゼロと表記して良いとの消費者庁のガイドラインがあります。

詳しくは
  100ml 当たり、熱量 25kcal、たんぱく質 2.5g、脂質 2.5g、炭水化物 2.5g、糖質 2.5g、ナトリウム 25mg 以下の低含量食品で、許容差の範囲が大きくなり、熱量±5kcal、たんぱく質・脂質・炭水化物・糖質・糖類±0.5 g、ナトリウム・コレステロール±5mg、飽和脂肪酸±0.1g となる。この場合は、ゼロとして表示して良いとの事で、短絡的に言えば、計測の誤差範囲との事。

 以下が、「食品表示法に基づく栄養成分表示のためのガイドライン」で、そのURLがここ
http://www.caa.go.jp/policies/policy/food_labeling/food_labeling_act/pdf/150331_GL-nutrition.pdf
平成27年3月 消費者庁食品表示企画課

特保のコーラ
 特保の清涼飲料水がありますが、美味しくな無いが、甘いことは甘いです。特保の場合は、糖質はどうなのでしょう?

結論
 普通のコーラの糖質量は100gあたり11.4g程度、ペプシは11.8g程度ですので、それの20分の一ですから、ダイエットコーラと言えども、ペットボトル1本(2㍑)をアメリカ人の様にガブガブ毎日飲めば、体に悪いです。又、その人工甘味料=糖質が、将来にわたりゲノムにどの様な悪さをするか未知数です。成分秘密で人工甘味料ですから・・・厚労省ではなく、消費者庁というところが、ミソですね。

最近、聴力が劣化している

 順天堂大学の耳鼻咽喉・頭頸科で聴力をオージオグラムで定量的に測定してもらったところ、標準純音聴力検査で測定した閾値の結果は、想定以上に良い結果が得られました。但し、普通の加齢と異なり、3,000Hz以上がよく聴こえます。これは、普段から大きな音に遭遇しない様に注意していて、その成果が得られた様です。ポータブルプレーヤーのダイナミックレンジが、過剰に違和感を感じるので、普段はヘッドホン、イアーフォン等で、音楽を聞かない様にしてます。検査士によると30歳代後半の聴力との事でした。
MLS.jpg

耳が良かった頃
L2.jpg
 子供の頃に天井から下がっている白熱電球のペンダントライトを、下から覗きながら点灯すると、顔面に放射熱の感覚と供に「ジーッ」という連続音が聴こえたものです。今思うと、タングステン・フィラメントの振動する音でした。人の聴力は最低 -8dBSPL聴力があるとの事です、その振動音は、10dB程度です。普通静かな録音スタジオで防音がされていても20dBSPL程度の暗騒音が有り、すでに100W白熱電球からのノイズは聴くことが出来ません。恐らく、電灯の傘が音響レンズの役目をして、聞く事が出来た様です。
L1.jpg

大きい音は辛い
 「手作りアンプの会」主催のオフ会である三土会では、スピーカーの音量が平均的に異常に大きい事です。そして、その音の特徴として、高域が強調されていて、低域が不足気味です。そして、強調されている高域は、5,000Hz程度に留まって、7,000Hz以上が全く聞こえません。この特徴は60歳男性御用達スピーカーと言えます。

花粉アレルギーによる聴力減衰
 この数日、朝方に花粉アレルギーによる鼻炎の症状がでています。それを称してモーニングアタックと呼んでいるようです。鼻水が止まらない状態で、弱い頭痛とめまいが続きます。この様な時は、鼻と耳が直結しているので、音を聴く気になれない状態が続きます。

花見日和

 今日は、天候も良く、絶好の花見日和なので、お茶とお菓子とグランドシートを用意して、早速でかけました。初めは、内藤新宿にある新宿御苑に行きました。大凡、想像は付いていたのですが、大変な人出で、入園券を買うのに長蛇の列、駐車場も観光バス等、同様に長蛇の列で、直ぐに諦めました。直ぐに新宿通り経由で、千鳥ヶ淵、北の丸公園、紀尾井町付近、九段を廻りましたが、どこも花見で大混雑です。そこで、テレビで紹介されるところを避けて、神楽坂に行きました。
DSC05361.jpg

代替案
 最近、美味しいお店が良く紹介されて、桜が咲き咲き誇るお堀端にしゃれたカフェが有ることを思い出しました。早速、飯田橋の地下駐車場に車を駐めて、そこから徒歩3分ほどで、神楽坂につきました。ポンツーンで桜を見ながらの食事を期待して訪れたましたが、カフェ「Canal Cafe」は、長蛇の列で、残念ながら諦めました。ウイークデーなら大丈夫そうです。
DSC05357.jpg

神楽坂
 丁度、昼食の時間になったので、食事の場所を探しました。表通りは、肉の暴食など、新しいお店が多くて、新宿、渋谷と同様で興味ないので、裏通りのお店を探しました。横道に逸れた所に、創業120年で家族で営む小さな天ぷら屋があり、そこで、懐かしい黒い天麩羅と貝柱のかき揚げを肴にビールを飲みました。やはり、銀座、赤坂、麻布、本郷、神楽坂・・・ここは良いです。
 車窓からパノラマの様にお花見が出来て、美味しい食事に出会えて、無理やり連れ出した家族ですが、大満足の様でした。
DSC05376.jpg

最近、気に入った普通のアルバム

 現役の頃、天王洲アイルで、ニューヨーク・ベーグルのサンドイッチを食べていると、その時にかかる音楽は、必ずと言って良いほどライトなボサノバで、その時は殆ど気になっていませんでした。それが、最近、購入したCDで、その時に聴いたことのあるアルバムに出会う事ができました。

そのアルバム
 オーディオ的には、何の変哲もない普通のCDです。そのアルバムは、ダイアナ・パントンの「フェリシダージ わたしが愛したブラジル」です。 映画「男と女」の印象的なシーンでピエール・バルーが歌った「サンバ・サラヴァ」のサウダージ感溢れるカヴァーが含まれてます。そして流れる言葉が、泥臭いポルトガル語ではなく、カナダなまりのフランス語で、ご本家のフランス語より語尾が明快で美しいです。 ボサノバならではの品の良さ、どこかコケティッシュなシュガーボイスで叔父さんの心を鷲掴みにします。この曲は盛夏より、雪の舞い散る高層ビルの窓から遠くを眺めながら聴くのにピッタリだと思います。

daiana.jpg
フェリシダージ ~わたしが愛したブラジル
ダイアナ・パントン
レーベル: MUZAK,INC.
収録時間: 62 分
ASIN: B005HIA6N6
JAN: 4524505305942

最後の曲
Que Reste-T-Il De Nos Amours ? これには痺れます。

Ce soir le vent qui frappe à ma porte
Me parle des amours mortes
Devant le feu qui s’ éteint
Ce soir c’est une chanson d’ automne
Dans la maison qui frissonne
Et je pense aux jours lointains

昔懐かしお菓子をいただきました。

 子供の頃、「まころん」というピーナッツをベースとした、クッキーの様なお菓子が、駄菓子屋さんで売ってました。この起源は、卵白と砂糖とアーモンドを使ってオーブンで焼きあげた菓子フランスのマカロン(macaron)かと、勝手に思ってました。しかし、これは間違えであることが解りました。日本のマコロンの起源は、イタリアのお菓子の「アマレッティ:Amaretti」であり、ビスコッティ・アマレッティ(biscotti amaretti)とも呼ばれます。

イタリアの「アマレッティ」
 本物のアマレッティは、杏子の種の赤い核(杏仁豆腐と同じ)を使って、ほんのりと苦味のある大人の味ですが、そこまで出来ない場合は、アマレットというビターで味付けとします。メレンゲとアーモンドパウダーを混ぜて焼くだけの極めて簡単なレシピです。 そして、このお菓子を柔らかく作った物をバーチ・ディ・ダーマ(Baci di dama)と言います。
DSC05338.jpg

日本の「まころん」
 泡立てた卵白に落花生とアーモンド、砂糖、小麦粉、バターで焼いたもので、太平洋戦争前の東京府の頃には、既に存在していたとの事です。
まころん

おフランスの「マカロン」
 フランスのマカロンはイタリアのアマレッティと製法が酷似しており、メディチ家がオルレアン公アンリ・ド・ヴァロワのもとに輿入れした際にフランスの宮廷に導入され、マカロンの原型となったと言われる菓子です。 このお菓子を柔らかく作ったものを、バーチ・ディ・ダーマ(Baci di dama)と言って、アマレッティよりしっとりとした食感です。
Xマカロン

 気取った、フランスのマカロンのルーツは、イタリアのアマレッティが起源で、日本のマコロンも同様に、それと同じ起源なのですね。イタリアの文化は、流石です。日本では、気さくなお菓子として、与作なガキが、食べていたのです。しかし、「まころん」は、マカロンという言葉の響きに近いので、個人的には、イタリアからフランスのマルセイユ経由で入って来た物と、信じています。