旅の準備

 旅は、足の向くまま気の向くままに・・・これが旅の理想です。
 訪問地、時間をキッチリと決めて、効率優先の行程を考えるのは嫌いです。今日から恒例の旅行ですが、今回は特に気が進みません。それは、何処を訪れてもテロ対策の監視体制で写真一枚取れないからです。パリは、未だに警戒態勢が解かれていません。そんな所に行っても全くつまらないです。

携帯するカメラ
 カメラは、なるべく小型で同一機種を、複数持ちます。異機種を持つとバッテリの互換、操作性の統一感が無く、撮影に無駄な時間を要す為です。又、一眼レフ等は、印刷を前提とした場合以外、性能的に不要です.。現在、デジタルカメラは、充分に成熟していて、最新機種を求める理由が全くありません。ノート、鉛筆と同様の文房具の一部です。
ちなみにこの写真はipad mini4で撮影しました。
IMG_0135.jpg
 SONY Cyber-shot DSC-T700という古いカメラですが、とても気に入ってます。第一の理由は、レンズが繰り出されなく、厚さが一定であり作りがとても丁寧な事です。
 
最近の撮影環境
 最近、日本国内でも同様ですが、先ず、他人の顔写真は撮れません。人物が断定できる距離の場合、100%撮影不可能です。撮って問題無いのは建物です、しかし、建物の敷地の中で、その建物を撮影する場合、権利が生ずるので、人物同様に許可が必要です。それでは、何を取るの?・・・となるのです。
 花とか、景色ですね、でしたらいっそのこと絵葉書を購入すれば、それで良い様な気がします。

カメラ業界の将来
 キッパ言わせていただきます・・「将来はありません」と、光学機器メーカーのガリバー的存在のカールツァイスは数十年前にカメラ事業から撤退しています。キヤノンの場合、事業規模で、カメラの占める割合は、19%以下です。しかし、日本光学の場合は、何と63%も占めていて、危険な状態です。京セラも既にカメラ業界から撤退して、好調な業績をあげています。さて、日本光学は、カメラ事業の優雅なる撤退(graceful degradation)ができるでしょうか?、東芝の様に経営責任が問われる事態にならない事を望みます。

横須賀のドブ板通り

今日は横須賀のドブ板通りに行ってきました。

ハンバーガー
 ハンバーガーショップで長い時間待たされて、ショーウインドウ左の特盛りのバーガーをいただきました。味は野菜とベーコンは美味かったです。ハンバーガーは佐世保で、横須賀は海軍カレーが売りのようで、間違えました。
DSC01152.jpg

 それからドブ板通りの長は100m位なのですね。これには驚きました。川越の旧市街の規模かと思いました。せめて江ノ島の弁財天仲見世通り位の距離は欲しいです。横須賀は観光都市として町おこしが行われても良いかも・・・
DSC01155.jpg

スカジャン
 横須賀で有名なスカジャンのお店に行ったら、「撮影禁止」でした。どこかのスカタンが版権を侵したのでしょうか?、至極当然で版権があるのですね。問題ない様に遠くから撮影です。一寸寂しいです。
DSC01148.jpg

 ドブ板通りは何時かは行ってみたいと思ってました。行かずに憧れていた方が幸せでした。それから戦艦三笠で写真を撮ってノンビリした初春を楽しみました。
DSC01132.jpg

志賀高原

 立秋から大分たって、暦では既に秋ですが、まだまだ暑い日が続いています。今年、家族で志賀高原に行った時の写真を、今頃になって眺めてみました。

去り行く夏の日・・・琵琶池
2011-08-22_12-44-16.jpg
© 2016 grigri.

ガマズミの実
2011-08-22_11-00-28.jpg
© 2016 grigri.

東舘山頂から高天が原方面
西館の滑走斜面が見えます、その先は雲海ですがブナ平、発哺温泉です。
X2011-08-22_10-18-20.jpg
© 2016 grigri.

旅先の写真

IMG_1290.jpg
© 2016 grigri.
 毎日、暑い日が続きます、日本は湿度が高く凌ぎ難いですね。
 ヨーロッパは高温でも湿度が低いので、北海道の様に快適です。昨年、那覇に四日程滞在して、東京に帰ってきたら、東京の方が蒸し暑かったです。

IMG_1052.jpg
© 2016 grigri.
この写真は撮影と公開の承諾を得ています。

XDSC06023.jpg
© 2016 grigri.

DSC06538.jpg
© 2016 grigri.

Flightradar24

Flightradar24
世界の旅客機の運行状況を以下のURLでリアルタイムで見ることが可能です。
 https://www.flightradar24.com/44.76,128.73/5
 ズームアップすると、飛行機が飛行している状態がわかります。
 このサイトを見ると、全世界で、こんなに飛行機が飛んでいるとは、驚きます。
 Flightradar24とは、航空ファンのスウェーデン人が2006年に趣味で始めたADS-B(Automatic Dependent Surveillance-Broadcast)受信機の情報を再編集してネットに流すことにより、5分のディレードタイムで航空機の位置と高度を放送するシステムです。検索可能な飛行機は、民間の旅客機、輸送機が対象で、当然ながら軍用機は含まれません。
 フライトを指定して検索すると、出発地/目的地、飛行経路、機種の他に現在の位置情報、飛行高度、垂直速度(上昇・降下率)、速度、緯度・経度が表示されます。

全世界
World.jpg

日本国内
JPN.jpg

欧州圏
euro.jpg