ウーファーのフローティング化

 先日、オフ会でスピーカーについて、貴重なアドバイスをいただきました。それは、スピーカーのバスケットの振動が、50mmのブビンガ製のバッフル板を経由して、キャビネットに伝わり、混変調により音が濁るとのことです。解決策としてウーファーをフローティングにする事により改善されます。早速、フローティングにチャレンジする事にしました。

フローティング
 フローティングするドライバーは、ミッドローの15WU-8741T00とします。このドライバーの受け持つ帯域が、30Hz~700Hzで、主たる音域のほぼ中心にあたり、ソプラノの除く肉声の殆どが含まれて、多くの重要な音が含まれる帯域です。音の情報密度が濃いので、この部分の混変調を避ける事により、音離れ感とナチュラル感の両立が実現して、雑味のない滑らかな音に変化する事が期待できます。反面フローティングにより、過渡特性が悪化してアタック感が無くなる恐れがありますが、実験してみない事には解りません。取るに足らない心配である事を期待したいと思います。

改造
 フローティングは、設計当初から仕組みとして盛り込まないと、後の改造では難しいですが、今回は完璧を狙わず、「少しでもフォローティング」を目指してチャレンジしてみることにしまました。

方法
 以下の茶色の部分がバッフル板の木部です。元々、CNCで切削して高い精度が確保されているので、スピーカーのバスケット(アルミダイキャスト)と、それを固定するキャップボルト、鬼目ナット(グレー)とが直接接触しない様に工作されているので、ゲル状の緩衝材(シアン)と、シリコン製のOリングを入れることにより、簡易的にアイソレートする事が可能です。この様な仕掛けは、精度が高く取り付け穴の懐が深いドライバーで、初めて実現可能と思われます。
ZSP3.jpg

キャップボルトにシリコンのOリングを取り付けて、締付けると螺子穴の中で広がって固定されます。
DSC04825.jpg

制振シート
 医療関係で有名なソルボセイン(Sorbothane、オハイオ州ケント)のシートを購入して、リング状に加工して取り付けます。ソルボセインは薄くてもかなりの効果が有るようです。
 ソルボセインのURL
 https://www.sorbo-japan.com/industrial/industrial_use.html

シート厚
 スピーカーをバッフル板に落とし込んでいるので、座繰り加工がされていますが、フランジの厚さと座繰り深さの差が1mmなので、手始めに1t~1.5t圧のゲル・シートで実験する事にします。
SP1.jpg

取り付け穴の加工
 以下の様に、フランジに4.2mmの穴が開いてますが、4mmのキャップボルトと接触する様でしたら、当該部分の穴を拡大する事で対処する予定です。

DSC04824.jpg

SP2.jpg

期待する結果
 女性の声のかぶり、オーケストラの弦楽器の混濁した音が解決できれば成功です。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

これだけでも結構効果があると思いますよ。
ついでにツィータも浮かせると良いかと。

Re: No title

コメント有難うございます。

 理想的には5t程の緩衝材が良いのですが、取り付けが難しいので、次のステップでトライします。その前にトゥーイータも浮かしてみます。